MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

森ビル決算、オフィス稼働率が過去最高の99%

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/05/29 08:00

 森ビルの2019年3月期決算は、主力の賃貸事業が好調に推移したことにより、経常利益が過去最高を更新。営業収益・営業利益・当期純利益ともに期首の予想を上回った。

a

ⒸAdobe Stock/nd3000

 2019年3月期は、オフィス稼働率が過去最高の99%となるなど、オフィス・住宅ともに高稼働・高単価を維持。「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」や「森美術館」が高い集客を実現し、フォーラム事業やホテル事業等の施設営業事業も好調に推移した。

2019年3月期 連結業績概要
2019年3月期 連結業績概要

 連結業績については、不動産売却を抑えたために減収となったが、主力の賃貸事業が好調であったことから、経常利益は増益となり過去最高を更新した。次期の連結業績については、引き続き賃貸事業が高稼働・高単価を維持することなどから、増収増益を見込んでいる。

2020年3月期 連結業績の予想
2020年3月期 連結業績の予想

【関連記事】
都心のオフィス供給量、「大手町・丸の内・有楽町」から「虎ノ門・新橋」にシフト
新規賃借理由「業容・人員拡大」が6年連続1位、「賃料の安いビルに移りたい」は調査開始以来最低に
森ビルとチームラボの人気ミュージアム、来場者数100万人突破、3人に1人は海外から

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5