MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「ポイント投資」やってみてどうだった? 半数以上が運用を「自身の勘」で判断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/06/11 09:00

 手軽に投資体験が可能になる「ポイント投資」。実際に利用している人たちはどのような感触を得ているのだろうか。

 ロイヤリティ マーケティングとポイント投資サービスを提供するSTOCK POINTは、個別企業の株式銘柄へポイント投資・運用できるサービス「Pontaポイント運用」ユーザーにアンケート調査を実施した。

 「Pontaポイント運用」は、Pontaポイントを株式銘柄に投資し、運用することができるサービス。選んだ株式銘柄の株価に応じてポイントの価値が日々変動し、運用したポイントは、Pontaポイントとして引き出し、提携店舗で利用できる。

 今回のアンケートによると、Pontaポイント運用ユーザーに株式投資・資産運用の経験を聞いたところ、これまで「株式投資・資産運用をしたことはない」は、全体で38.7%。性別では、男性の33.8%、女性の55.6%が「株式投資・資産運用をしたことはない」と回答している。

 Pontaポイント運用をはじめた理由は、「面白そうだから」(56.0%)が1位。投資経験の有無別では「投資に興味があるが、お金でやるのは不安だから」で最も差が大きくなり、“投資経験なし”は、“投資経験あり”よりも31.6ポイント高かった。

 Pontaポイント運用をはじめるにあたり参考にしたものは「自身の勘」が55.0%と半数を超え、「株価チャート」「新聞・ニュース」が続いている。

 株式投資・資産運用のイメージについて、Pontaポイント運用の利用前後で、増加した項目の上位は「楽しい・面白い」で5.4ポイント、「企業を応援できる」で1.8ポイント増えた。減少した項目の上位は「リスクがある」で14.1ポイント、「難しい」で10.0ポイント減った。投資経験の有無別では、未経験者は「楽しい・面白い」で9.6ポイント増え、「リスクがある」で18.8ポイント、「難しい」で16.4ポイント減っている。

 Pontaポイント運用を利用して良いところの1位は、「少額のポイント数で投資体験できるところ」(76.5%)、「ポイントだから安心して投資体験できるところ」は60.0%となり、お金ではなくポイントで、株式投資の疑似体験を始められる点も支持されている。

 Pontaポイント運用に今後期待する機能としては、「疑似的な株主配当を受け取りたい」(66.9%)が1位となっている。

【関連記事】
クレディセゾン、「永久不滅ポイント運用サービス」利用者は16万人、運用金額は10億円を突破
「dポイント」によるポイント投資サービスの利用者が10万人を突破
SBI証券とCCCマーケティングが「SBIネオモバイル証券」設立、Tポイント投資を可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5