MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「お金にまつわるなぜ」がわかるようになる経済学の基本を解説 『ど素人でもわかる経済学の本』

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/09 07:00

 翔泳社では8月9日(金)に『ど素人でもわかる経済学の本』を発売します。難しいイメージのある経済学のキーワードをわかりやすく解説し、キーワードごとに「今日から役立つポイント」を紹介した本書。経済学がどんな役に立つのかと疑問に思っている方にこそ読んでいただきたい1冊です。

ど素人でもわかる経済学の本』は、エコノミストとして活躍する崔真淑さんが経済学の主要な分野について簡潔に解説した入門書です。

 経済学の視点で身近な出来事や現象を見てみると、「なぜそうなのか」をより深く理解できるようになります。日常のちょっとしたお金の工夫はもちろん、ビジネスに役立つ考え方を手に入れられるでしょう。ビジネスモデルを構築したり、競合他社や金融市場の動向を把握するのにも経済学の知識が有効です。

 本書では企業や家庭に関するミクロ経済学、国家や世界を捉えるマクロ経済学、さらにビジネスのツールとしてデータ検証に利用される計量経済学などをわかりやすく解説。2杯目のビールよりも1杯目のビールをおいしく感じる理由がわかる「限界効用」や、少子高齢化に伴う社会保障とお金の再分配、人工知能が経済をどう変えていくのかといったテーマも説明しています。

 世の中のお金にまつわる疑問を解消するには経済学を知る以外に方法はありません。ぜひ本書で基礎知識を身につけて、これまでにない新しい視野を広げてみてください。

目次

序章 経済をめぐる21世紀の変化
第1章 そもそも経済学って何?
第2章 家計や企業を考える「ミクロ経済学」
第3章 国全体を考える「マクロ経済学」
第4章 道具としての「計量経済学」
第5章 お金の流れがわかる「ファイナンス理論」
第6章 人工知能と経済の未来
第7章 経済学で押さえておきたい人物

ど素人でもわかる経済学の本

Amazon SEshop その他


ど素人でもわかる経済学の本

著者:崔真淑
発売日:2019年8月9日(金)
価格:1,620円(税込)

本書内容(一部抜粋)

・その商品の需要は何で決まる?
・一杯目のビールは、なぜおいしいのか?
・少子高齢化でどうなる、社会保障?

 

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5