MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

あいおいニッセイ・野村総研ら、テレマティクス事故対応システムを共同開発

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/13 10:00

 あいおいニッセイ同和損保は、テレマティクス技術を活用した新しい事故対応サービスを国内企業と共同開発した。

 テレマティクスは、「テレコミュニケーション」と「インフォマティクス」を組み合わせた造語で、カーナビやGPSなどの車載器と移動体通信システムを利用して、さまざまな情報やサービスを提供する仕組み。

 あいおいニッセイ同和損保は今回、テレマティクス自動車保険において車両・デバイスから得られるデジタルデータを活用することで、各パートナー企業と「テレマティクス損害サービスシステム」を開発した。システムの全体像は以下のとおり。

 開発に参加したのは、野村総合研究所、SCSK、大日本印刷、インテリジェント ウェイブ、日本IBM、SBI FinTech Incubation。

 このシステムは、顧客との電話や書類のやりとりを中心とした従来の事故対応から、走行データや運転挙動・位置情報を中心としたデジタルデータを活用した事故対応を可能にするもの。具体的にはテレマティクスデータによる事故の受付け、各種デジタルデータの可視化、ドライブレコーダーなどのデジタルデータをもとに判定した過失割合情報にもとづく過失・示談交渉の実現など。

 これによって、事故にあった人の保険請求手続にかかる負担を大幅に軽減。このシステムの導入によって、対物賠償保険金の支払いまでの日数を約50%短縮することを目指す。今後は、機能ごとに上記4つのステップに分けて順次導入を予定している。

 今回構築したプラットフォームは、さまざまなデータ分析や業務利用につなげられる基盤として「新商品開発」「自動運転への応用」などにも活用していく。

【関連記事】

テレマティクス自動車保険、導入企業の7割で事故が減少
トラック隊列走行向けの自動車保険が登場、不正アクセスにも対応
ベンツGクラスも0円で、DeNA SOMPO Mobilityが「0円マイカー」のオーナー募集

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5