MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

年間400万件の電話を受けるJCB、「AIオペレーター」の導入を検討

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/18 11:00

 JCBは、日本IBMが提供する、AIを利用した対話型自動音声応答システムを用いたPoC(概念実証)を行う。

 現在、JCBは年間約400万件の電話を受けている。オペレーターにつながるまでの待ち時間や自動音声応答システム(IVR)での番号選択を解消し、顧客の利便性向上を目指すため、日本IBMが提供するAIオペレーターの導入に取り組む。

 AIオペレーターは、電話での問い合わせを音声による自然言語で回答するもの。これによって面倒な操作が不要になり、24時間365日、問い合わせを受け付けることが可能となる。このPoC完了後は、JCB会員向けの機能としての有用性を検証し、本格導入準備を進める。

【関連記事】
JCBが電話の声で本人確認、米ニュアンスの声紋認証を採用
JCB、インドでJCBカードの発行開始、インド決済公社と提携
SBI損保、郵送物の一部で音声読み上げ・テキスト表示を可能に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5