MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

セブン銀行、顔認証・AIを導入したATMを開発、2024年度までに全機入れ替え

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/16 10:00

 セブン銀行とNECは、顔認証技術を搭載したATMを開発。QRコードの読み取りが可能になっているほか、AIによる現金の需要予測を行い、使いやすく、止まらないATMを目指す。

 セブン銀行とNECは、顔認証技術を搭載した次世代ATMを開発。9月から順次導入し、入れ替えを行う。次世代ATMは2020年夏までに都内に設置し、2024年度までに全ATMを入替設置する予定だ。新たなATMの特長は以下のとおり。

 顔認証では、NECの生体認証「Bio-IDiom(バイオイディオム)」を導入。顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用し、事前にPCやスマホから入力された個人情報に基づいて、QRコードを出力する。このQRコードをATMで読み取るとともに、ATMに搭載されたカメラ、スキャナーを用いて、顔と本人確認書類(運転免許証・マイナンバーカードなど)を撮影することで、本人確認の一連の手続きが可能となる。

 こうした機能を活かして、セブン銀行は2019年10月下旬に、スマートフォンで必要事項を事前に入力し、その情報をもとに出力されたQRコードをATMで読み取り、本人確認後、口座を開設する実証実験を行う予定だ。

 ATMには、QRコードの読み取り機能がある。また、ATMでの取引の際、スマートフォンのBluetooth機能がオンの状態であれば、クーポンなどお得な情報やご利用明細票のスマートフォンへの配信も可能となる。

 ユニバーサルデザインの面では、車いす利用者も使いやすいように、インターホンなどの操作位置を下げたほか、カップホルダー、杖置き、買い物袋下げを備え、より操作しやすい環境を整えている。

 また、AIやIoTを使った運営の効率化によって、止まらないATMの実現にも注力。ATMごとに現金の需要をAIが予測し、IoTによってATM各種部品の故障を感知、予測する仕組みになっている。

【関連記事】
セブン銀行ATMが2万5000台を突破
ATM利用頻度が3年前と比べて増えた人は1割、「10・20代」では3割に上昇
10連休はATMから現金がなくなるかも? 全銀協が「事前に引き出しを」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5