MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

JAL「どこかにマイル」で「博多~ハウステンボス」の片道きっぷが利用可能に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/23 10:00

 「JR九州フリーきっぷ特典」は、九州を元気にしたいという思いで発案された企画されたもので、特に「平成29年7月九州北部豪雨」による災害から全線復旧した久大本線沿線と、世界遺産に認定されたエリアなどのさらなる活性化を目指し、関係各社が協力して実現した。

 JALとJR九州は、「JR九州フリーきっぷ特典」で、マイルと交換できるきっぷを新たに追加した。追加するのは「博多~ハウステンボス1日間(片道・自由席利用)」。博多駅からハウステンボス駅間の片道で利用できる、フリーきっぷではなく片道タイプのきっぷだ。利用者が自由に列車の時間帯を選べるよう、自由席タイプを用意している。

 交換するマイルはJALと野村総合研究所が共同開発した、JALマイレージバンク日本地区会員向けのサービス「どこかにマイル」。今回、追加された「博多~ハウステンボス1日間(片道・自由席利用)」は、9月17日の11:00から受付開始。利用対象者は「どこかにマイル」で羽田空港発、行き先が九州内の各空港(福岡、北九州、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島)に確定した人。

 必要マイルは、大人2,200マイル、小人(小学生以下)1,100マイル。有効期間は1日間で、区間内の特急列車(普通車自由席)、快速列車、普通列車が対象となる。また、520円(小人は260円)を支払うと指定席が利用できる(消費税改定に伴い、10月以降は大人のみ530円に変更)。引換場所はJR九州博多駅・ハウステンボス駅みどりの窓口で、途中下車前途無効となっている。

【関連記事】
日本のお城に泊れる! 常設のキャッスルステイ施設が2020年長崎に登場
JR九州の豪華観光列車、話題 クルーズトレイン「ななつ星」や「ゆふいんの森」
JR東日本、10月からSuicaで乗車するたびに「JRE POINT」付与

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5