MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

チャージしたけど使ってない決済サービスの残高は平均「1,208円」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/18 09:00

 決済サービスを使い始めてチャージもしたけれど、いつしか利用しなくなってしまった……という人は5人に1人。ジャパンネット銀行の調査結果をみてみよう。

キャッシュレス決済、居住地域で利用に違いが?

 ジャパンネット銀行は、20~50代男女500名を対象とした「キャッシュレス決済」に関する意識・実態調査を行った。この調査では、現代人のキャッシュレスサービスに対する意識を明らかにするとともに、年代、性別、居住地域ごとの違いや共通点なども探っている。

 はじめに「普段の買い物や食事において、キャッシュレス決済を行うことがあるか」を聞いたところ、全体の52%が「よくある」、29%が「たまにある」と回答。合計すると8割以上が、日常的にキャッシュレス決済を行っていた。

 居住地域別にみると、三大都市(東名阪)の周辺地域=都会エリアでは83%(よくある:55%、たまにある:28%)、その他の地域=地方エリアでも79%(よくある:49%、たまにある:30%)という結果になり、地方においてもキャッシュレス化が進行している様子がうかがえる。男女別でみると、男性で「よくある」と答えた人は62%、女性で同じ回答をした人は43%と、20ポイント近くの差が生じている。

 また、日常的にキャッシュレス決済を行っている人(407名)に、具体的な決済手段についてもたずねると、「クレジットカード」「ICカード」「スマホ決済サービス」の順となった。

 キャッシュレス決済は、事前にチャージ(入金)して使う「チャージ型(プリペイド式)」と、後から料金が引き落とされる「後払い型(ポストペイ式)」がある。このうちチャージ型は、人によって入金の額・方法・頻度が異なることが多く、使い方に個人の特徴が出やすいと言える。

 「現在、チャージ型(プリペイド式)のキャッシュレスサービスを使用しているか」をたずねたところ、全体の70%が「使用している」と回答した。

 ICカード・スマホ決済サービスそれぞれについて、「1回あたりのチャージ金額」についても質問したところ、「ICカードのチャージ金額」は、1回あたり平均「4,919円」という結果に。これを居住地域別にみると、都会エリアでは「4,344円」、地方エリアでは「5,526円」と、1,000円以上の差が生じていた。

 この結果について、ジャパンネット銀行は、鉄道やバスなどの交通系ICカードが普及している都会エリアでは、少額をこまめにチャージする人が多く、車社会の地方ではまとめてチャージする人が多いなどの傾向が考えられるとしている。

 一方、「スマホ決済サービスのチャージ金額」は、1回あたり平均が「3,857円」となり、ICカードに比べると低い金額になった。地域別の比較では、都会エリアでは「3,855円」、地方エリアでは「3,860円」となり、居住地域による差はほぼ見られなかった。

スマホの中にいくら眠っている?

 スマホ決済サービスは、日常的に使用している人(188名)の中でも、「登録・ダウンロードはしたものの、使用していないスマホ決済サービスがある」という回答が48%と半数近くとなった。また、「登録・ダウンロード後にチャージをしたものの、使用していないスマホ決済サービスがある」人も約5人に1人(19%)いる。

 具体的に「現在使用していないスマホ決済サービスのチャージ残高はどれくらいか」を聞いたところ、平均は「1,208円」となった。

 一方、QRコードやバーコードで支払いをする「コード決済」型のサービスでは、実際にコード決済サービスをダウンロード・登録している人は、全体の約3人に1人(34%)。都会エリア、地方エリアともに同じ数値(34%)となり、居住地域問わず普及が進んでいる様子がうかがえる。

 コード決済サービスをダウンロード・登録したきっかけについては、「お得さ(ポイント、割引、還元、特典など)」が圧倒的1位となっているが、若者世代では、ポイントだけでなく、キャッシュレスサービスの機能そのものに価値を感じる傾向が見られた。

 さらに、「仮にポイントや割引などの特典がなかったとしても、コード決済サービスを使用し続けたいと思うか」を聞いたところ、「そう思う」と答えた人はわずか21%。大多数(79%)が「そう思わない」と回答している。

[調査概要]
調査期間:2019年8月23日~8月26日
調査方法:インターネット調査
調査対象:20~50代男女500名(性別・世代・居住地域 均等割付)
※世代:若者世代=20~30代、ミドル世代=40~50代で2分類
※居住地域:都会エリア=東名阪周辺地域(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫)、地方エリア=それ以外の地域で2分類

【関連記事】
現金・クレカ・非接触型・QRコードのうち、決済がいちばん速いのは?【JCB調べ】
PayPay、登録ユーザー数が1000万人に到達
中小事業者が導入しているキャッシュレス決済1位は「PayPay」、導入障壁1位は「加盟店手数料」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5