MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

怠け者も大好きな米国株の「連続増配」、57年間増配のコカ・コーラなど優良銘柄をチェック!

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/16 12:00

 「米国株」には長く安定的に配当金を支払ってくれる、ありがたい企業がたくさんあります。でも有名企業だから配当金がもらえるかというと大間違い。ラクに稼ぐをモットーにしている“20代怠け者”さんが、米国株の本当のおいしさを解説します。

日本人の生活に欠かせない米国企業の商品・サービス

 はい、どうもこんにちは! 上本(20代怠け者)です!  さっそくですが、皆さんは「アメリカの企業をパッと挙げてみて」と言われたら、何を思い浮かべますか?

 清涼飲料水のコカ・コーラ。ヘルスケア製品のジョンソン・エンド・ジョンソン。ファストフードのマクドナルドなどが、思い浮かぶ代表格でしょうか。他にもグーグルやアマゾン、フェイスブック、アップルなど、大きく成長したハイテク企業ももちろん米国企業ですよね。私たちの日常生活は、米国の有名企業が作った商品やサービスに囲まれていると言ってもいいでしょう。

 「米国株投資」に話を戻すと、これらの有名企業のほとんどが上場しており、株式を発行しています。そしてもちろん、ぼくもこれらの有名企業に投資をしています。個別の米国株に投資をしていなくても、投資信託・インデックスファンドの形で、これらの企業の株を保有しているという人も少なくありません。

 「米国株ってどんな銘柄がいいの?」と考えている人向けに、今回は米国の「有名企業」「安定配当株」の関係について紹介していこうと思います。

アメリカの有名企業、実は安定配当株が多数!

 連載第1回でも少し触れたように、米国の有名企業には数十年単位で安定的な配当を行っている企業が数多く存在しています。たとえば、コカ・コーラは57年間、一度も配当金を減配することなく安定配当を行っています。

 ジョンソン・エンド・アンドジョンソンも同じく57年間マクドナルド43年間、安定配当しています。もちろん、これらはあくまで過去の実績なので、今後も数十年にわたって100%必ず安定配当をしますよ、というものではありません。

 ただし、過去に何度かあった経済危機を乗り越えたうえでの安定配当であり、今後、再び景気後退や経済危機が発生した場合でも、可能な限り安定配当を継続してくれるだろうという安心感がある銘柄です。


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 上本 敏雅(20代怠け者)(ウエモト トシマサ(ニジュウダイ ナマケモノ))

    2015年にIT系エンジニアを退職、ニュージーランドでのワーキングホリデーや東南アジア滞在を経験したのち、ブログ・電子書籍・YouTubeなどで投資・副業を中心に情報を発信するフリーランサー。カメラマン・DJとしても活動中。

    20代前半に、亡くなった父の退職金を家族で分配して運用することになったのが投資をはじめたキッカケ。

    毎月分配型の投資信託からはじまり、そこから投資への興味を持った結果、バランス型インデックスファンドへの積立、ASEAN株投資などを経て、現在は米国株への積立投資を中心に実施中。

    現在の資産総額は1300万円ほど。

    Twitterアカウント:@20sinvest

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5