MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

レオス・キャピタルワークスとゼノデータ・ラボが「センチメント指数」の共同研究

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/25 09:00

 「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスとAIでニュース分析を行うゼノデータ・ラボが投資指数開発の共同研究を開始した。

 「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスと、経済ニュースや決算情報をAIで解析し、企業業績への影響を予測するサービスを提供するゼノデータ・ラボは、投資家の市場心理を表す「センチメント指数」の共同研究を開始した。

 センチメント指数は、投資家の景況感を数値化したもので、ニュースなどの定性情報に左右されるため、ニュース情報の精緻な分析が重要となる。

 従来の指数算出では、自然言語の表層的な表現から情報を抽出し、センチメントとの関係性を分析して指数化していた。両社が行う共同研究では、投資家が着目するニュース記事の内容・表現に合わせた、高精度な情報抽出を行なう独自の手法を採用。投資家の感覚により近いセンチメントの数値化を目指す。

 この研究によって、実現可能性を検証するPoC(概念実証)完了後は、レオス・キャピタルワークスの投資運用事業で指数の活用を目指す。また、開発した技術や指数については、ゼノデータ・ラボのサービスへの応用を検討する。

【関連記事】
ひふみ投信、10年以上継続保有者にはじめて0.4%相当口数を還元
レオス・キャピタルワークス、noteに「ひふみラボ」オープン
経済情報を解析するゼノデータ・ラボ、慶應・第一生命・レオス藤野氏などから7.8億円の資金調達

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5