MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

三井住友カード、クレジットカードのGoogle Pay対応を開始

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/26 10:00

 三井住友カードは同社発行のクレジットカードで、Google Pay対応をスタートした。

 Google Payは、Android搭載のスマートフォンを使って、店舗での買物やインターネットショッピングなどで利用できる、Googleが提供する支払いサービス。三井住友カードは9月25日から、クレジットカードのGoogle Pay対応をスタートした。

 利用者は、AndroidスマートフォンのGoogle Payアプリに三井住友カードが発行するクレジットカードを事前に登録する。登録は数分で完了し、年会費や発行手数料はかからない。ただし、法人カード、一部の提携カード、バーチャルカード、銀聯カード、ローン専用カード、プリペイドカードではGoogle Payの設定・利用はできない。また、対応しているスマートフォンは、Android 5.0 以降、おサイフケータイアプリ 6.1.5 以降。

 手続き後は、コンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストアなど、全国のiD加盟店において、Google Payでの支払いが可能となる。店舗で利用する場合は支払いの際にiDで支払うことを伝え、iDのリーダー(読取機)にスマホをかざす。音が鳴ったら支払い完了となる。

 三井住友カードは、2019年10月1日から2020年2月29日の期間中に、Google Payにクレジットカードを新規登録した人に対して、登録カードで支払ったGoogle Payの利用代金から最大2,000円分を値引きするキャンペーンなど、お得なキャンペーンを複数展開する。

【関連記事】
Visa、デビットカードとタッチ決済カードがともに1000万枚突破
JR東日本、10月からSuicaで乗車するたびに「JRE POINT」付与
マネーフォワード、スマホでSuicaなど交通系ICカードのデータを読み取れるアプリをリリース

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5