MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

セールスフォース「Financial Services Cloud」を保険業界向けに強化、AIでアクションを提案

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/27 09:00

 セールスフォース・ドットコムは、「Financial Services Cloud」に保険業界向けの新機能を追加。担当者はAIが推奨するアクションを参考に、一人ひとりの顧客に対応することが可能となる。

 セールスフォース・ドットコムは、CRMソリューション「Sales Cloud」をはじめとして、ビジネスを支援するサービスを数多く提供している。このうち「Financial Services Cloud」は、業界特化型のソリューションのひとつで、金融業界向けの機能を搭載したCRMソリューションとなっている。

 同社は9月25日、「Financial Services Cloud」に保険業界向けの新機能を追加したと発表した。これによって保険会社は、保険契約者の家族構成やライフイベントなど、関連する情報を360度で統合的に把握することが可能になる。

 ライフイベント機能では、新しい家の購入、卒業、転職など、保険のニーズの変化の主要なトリガーをキャプチャして視覚化する。また、データを学習したAIが、契約者の状況に応じて担当者に次のアクションを提案したり、更新やキャンセルがあった場合の対応も保険代理店や営業マネージャーに提供されるようになっている。

 具体的には、見込み顧客や新規顧客に関する情報をもとに、最も成約または更新の可能性が高い保険商品を特定することが可能になる。また、営業マネージャーは、成績が優秀な保険代理店、解約率の高い保険代理店を地理別に特定することもできる。

 国内の保険会社では東京海上日動がはじめて「Financial Services Cloud」を採用しており、営業、コールセンター、保険代理店、マーケティングなど、多数の顧客接点から得られる情報を統合し、サービス改善に取り組んでいる。

【関連記事】
東京海上日動、「Salesforce Financial Services Cloud」を保険業界で初導入
生命保険の申し込み、ネットや保険ショップ経由など多様化
顧客は保険会社よりも変化への準備ができている、リアルタイムデータを活用できる保険会社は27%のみ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5