MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「PayPayフリマ」登場、送料はすべて出品者が負担、ヤフオク!商品も閲覧・購入可能

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/09 08:00

 ヤフーはスマートフォン決済サービス「PayPay」の名を冠したフリマアプリ「PayPayフリマ」の提供を開始した。

価格交渉が簡単、ヤフオク!出品アイテムも閲覧できる

 ヤフーは10月7日、「PayPayフリマ」のiOS版をリリースした(Android版は10月末にリリース予定)。

 フリマアプリの取引で手間のかかる「価格交渉」を簡便化するため、商品の詳細ページに「価格の相談」ボタンを設置。購入者はそこから相談したい価格を入力して、出品者に希望価格を意思表示できる。出品者は希望価格に応じる場合のみ、同意ボタンをタップするだけで取引が成立する。商品の状態などの一般的な問い合わせについては、チャット感覚でメッセージによるやり取りも可能だ。

 このサービスでは、すべての商品の送料を出品者が負担する仕組みになっている。そのため、出品者には、サイズに応じて全国一律料金の配送サービス「ヤフネコ!パック」や「ゆうパック/ゆうパケット(おてがる版)」を提供し、出品者側の利便性を高めている。

 決済方法は、PayPay残高(電子マネー)、クレジットカードの2種類から選べるが、スマートフォン決済サービス「PayPay」との連携によって、電子マネー「PayPay残高」で支払うと決済額の1%(※付与上限あり)の「PayPayボーナス」が戻ってくる。また、購入者から支払われた代金は、売上金から「PayPay残高」にチャージすることで、PayPayの加盟店で利用することも可能だ。

※ 1名につき「1回の支払いにおける付与上限」は5,000円相当、「1カ月の付与合計上限」は「PayPay利用特典」「請求書払い利用特典」との合算で15,000円相当。

 またPayPayフリマでは、ネットオークションサービス「ヤフオク!」に出品されている商品のうち、「個人出品」「固定価格」などの条件を満たしている商品も、PayPayフリマで閲覧・購入できる。

 ヤフーはサービス開始にあたって出品者の送料を全額負担する、送料0円キャンペーンを10月7日~2019年11月30日の期間限定で実施(早期終了する場合あり)。また、初回利用のユーザーに限り、1,000円以上の買い物で使える500円オフクーポンを配布するキャンペーンを10月7日から10月28日に展開する。

【関連記事】
「PayPay」登録ユーザー数が1500万人突破、加盟店は150万超
PayPayが資金移動業の登録完了、出金可能な「PayPayマネー」提供
ヤフー、今秋「PayPayフリマ」「PayPayモール」展開、その協業交渉で前澤氏が株売却を示唆

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5