MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ほかほかご飯と合う「おかずみそ」、ガラムマサラ配合・ニラ入り・そぼろ入り

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/20 11:00

 新米の季節となり、炊き立てご飯のお供に最適な「おかずみそ」をご紹介。これさえあれば3杯はイケる??

 ほかほかの炊き立てご飯と「おかずみそ」の組み合わせは、シンプルでだからこそ、ご飯そのもののおいしさを実感させてくれる。今回は、独特の辛味が特徴の商品をいくつかご紹介。いずれも「もう少しだけ」とおかわりが止まらなくなりそうな一品だ。

 インドのスパイスパワーを加えたのが、酢屋亀本店(長野県長野市)の「八幡屋礒五郎のガラム・マサラ入りカレーみそ」。1袋120グラムで432円(税込)。これは、酢屋亀本店の「カレーみそ」に、八幡屋礒五郎(長野県長野市)が、インドのミックススパイスである「ガラム・マサラ」を七味唐辛子の焙煎技術を応用して生み出した「七味ガラム・マサラ」を配合したもの。少々甘めのみそにエスニックな辛さ、この足し算によって、新しい大人向けの「飯泥棒」と言えそうな調理・おかずみそとなった。

 次は栃木県でうまれた一品。全日本漬物協同組合連合会主催の「漬物グランプリ2019」で金賞を射止めた「にら辛みそ」は、栃木県産ニラ、すりおろしニンニク、生姜やリンゴなどとダイス状にカットした大根を混ぜ合わせ、特製魚介調味料で味を調えた商品。去る8月には、容器をふたつきに変更して利便性のアップも施された。結果、ご飯はもちろん、ご飯以外にもよく合う万能調味だれとして人気も上々だという。まずはご飯の上で試してみたいこの商品、開発に携わったのはアキモ(栃木県宇都宮市)。価格は278円(税別、140グラム)。

「にら辛みそ」には、すりおろしたにんにく、生姜、りんご、刻みねぎ、唐辛子、ごま、魚介のうまみ入り特製調味料が入っているので、調味だれとしても使うことができる

「にら辛みそ」には、すりおろしたにんにく、生姜、りんご、刻みねぎ、唐辛子、ごま、
魚介のうまみ入り特製調味料が入っているので、調味だれとしても使うことができる

 地元のプレミアム野菜を使用した一品も美味しい。安部商店(岩手県遠野市)が手がける「あんべのうま辛おかず味噌(600円・税別、150g)」は、秘伝のタレが自慢のジンギスカンそぼろ肉と、遠野産「赤パドロン」入りの調理・おかずみそ。ちなみに赤パドロンとは、スペイン原産でピーマンの一種「パドロン」の栽培期間を長めに取り、外見の色は鮮やかな赤、味はスッキリとした辛味が特徴となったところで収穫したもの。ご飯に添えるとパドロンの赤がいっそう食欲を誘いそうだ。

「あんべのうま辛おかず味噌」は、上質な赤身肉で作ったジンギスカンのそぼろと遠野産の赤パドロンによるマリアージュで、新米がさらにおいしくいただけそう

「あんべのうま辛おかず味噌」は、上質な赤身肉で作ったジンギスカンのそぼろと
遠野産の赤パドロンによるマリアージュで、新米がさらにおいしくいただけそう

 普段は炭水化物を控え気味にしている人も、個性的なおかずみそと一緒に白いご飯を思う存分、堪能してみてはいかがだろう。

【関連記事】
世界のおいしい「炊き込みご飯」を制覇! ホタテや鶏ご飯、ビリヤニ・海南鶏飯も
美味しい「牛肉」を使った注目グルメあれこれ 3万円の駅弁、ごはんで育ったいしかわ牛、中華まんなど
「このザル便利!」、だし用・米とぎ用、思わず素麺が作りたくなるボウルとのセットも

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5