MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

米国へ投資するとき、怠け者は「投資信託」と「個別株」のどちらに投資すべき?

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/17 12:00

 米国株に投資するとき、「投資信託」がいいのでしょうか、それとも「個別株」を買うのがいいのでしょうか。ラクに稼ぐをモットーにしている“20代怠け者”さんが、2つの違いをわかりやすく解説します。

米国株に投資するとき、「投資信託」と「個別株」どっちがいい?

 どうもこんにちは! 上本(20代怠け者)です!

 さっそくですが、皆さんは「米国株に投資してみたい!」となった場合、どの方法で投資をするのがいいと思いますか?

 誰でも気軽にできる投資方法としては、以下の2種類があります。主なネット証券であれば、以下の2つの方法を選択可能です。

・米国株の「投資信託」を購入する
・米国株の「個別株」を購入する

 上記のどちらも、投資対象が「米国株」マーケットであることは同じです。投資対象が同じなら、値動きも同じ動きをします。

 たとえば、米国株の代表的な株価指数に「S&P 500」があります。ここで、S&P 500をベンチマークとする投資信託と、同じくS&P 500をベンチマークとするETF(上場投資信託)の1年チャートを見てみましょう。S&P 500をベンチマークとするということは、S&P 500が対象としている米国株式に投資していることになります。

 例として取り上げた投資信託は「eMAXIS Slim米国株式(S&P 500)」、ETFは「バンガード・S&P500 ETF(VOO)」です。同じような値動きをしていることがわかりますね。

eMAXIS Slim米国株式(S&P 500)(出所:三菱UFJ国際投信)
eMAXIS Slim米国株式(S&P 500)
(出所:三菱UFJ国際投信)
バンガード・S&P500 ETF(VOO) NAV Total Return(ドルベース)(出所:バンガード 2019年10月28日時点)
バンガード・S&P500 ETF(VOO) NAV Total Return(ドルベース)
(出所:バンガード 2019年10月28日時点)

 どちらも投資対象は同じ米国株なので、投資信託と個別株は「投資方法の違い」と言えます。

ぼくは「両方」に投資している

 さて現在、ぼくは投資信託と個別株の両方を保有しています。ぼくはもともと2010年頃から投資信託への積立をメインにしていましたが、近年は米国株の個別株投資へシフトしています。

 この両方の方法で米国株に投資・保有してみてわかったことは、投資対象が同じでも目的がまったく異なる、ということです。

 皆さんが投資するそもそもの理由・目的はなんでしょうか?

・老後の備えのため?
・毎月の収入額を増やすため?
・結婚やマイホーム購入などのためにお金を増やしていくため?
・不労所得を得て、働かずに暮らせるようにするため?

 上記のいずれかという人もいれば、まったく異なる理由を持つ人もいるでしょう。皆さんが投資をする理由次第で、投資信託か個別株のどちらで投資すべきかが決まるのです。続いては、この2つの金融商品の違いについて詳しく見ていきたいと思います。


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 上本 敏雅(20代怠け者)(ウエモト トシマサ(ニジュウダイ ナマケモノ))

    2015年にIT系エンジニアを退職、ニュージーランドでのワーキングホリデーや東南アジア滞在を経験したのち、ブログ・電子書籍・YouTubeなどで投資・副業を中心に情報を発信するフリーランサー。カメラマン・DJとしても活動中。

    20代前半に、亡くなった父の退職金を家族で分配して運用することになったのが投資をはじめたキッカケ。

    毎月分配型の投資信託からはじまり、そこから投資への興味を持った結果、バランス型インデックスファンドへの積立、ASEAN株投資などを経て、現在は米国株への積立投資を中心に実施中。

    現在の資産総額は1300万円ほど。

    Twitterアカウント:@20sinvest

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5