MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

五常・アンド・カンパニー、元スマートニュース執行役員の堅田航平氏がCFOに就任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/06 09:00

 民間版の世界銀行として、世界中に金融アクセスを届けるマイクロファイナンス事業を展開する五常・アンド・カンパニーのCFO(Chief Financial Officer)に、堅田航平氏が就任した。

(左から)五常・アンド・カンパニーCFOに就任した堅田航平氏と 代表取締役 慎 泰俊氏

(左から)五常・アンド・カンパニーCFOに就任した堅田航平氏と代表取締役 慎 泰俊氏

 堅田氏は、学生時代にバングラデシュのNGOにおける長期インターンを通じてマイクロファイナンスと出会い、大学卒業後はモルガン・スタンレー証券会社(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)投資銀行部門でM&Aアドバイザリー業務に従事。

 ヘッジファンドを経て、2008年にライフネット生命に入社。企画・財務・事業開発・上場準備等を担当し、2013年に執行役員CFOに就任。2014年にはスマートニュースに入社しコーポレート部門の責任者として財務・経営管理・採用・人事を担い、累計86億円超の資本調達を主導した。

 2018年からは、国内外の複数のスタートアップで財務・経営管理に関与。2019年11月1日、五常・アンド・カンパニーのCFO就任が発表された。

 五常・アンド・カンパニーは2014年7月に設立。2030年までに50か国で1億人に廉価かつ高品質な金融サービスの提供を目指している。創業5年でインド・カンボジア・ス リランカ・ミャンマーでのグループ従業員は2,500人、顧客数は45万人を突破。融資総額は200億円を超え、2017年度から連結黒字化している(KPIと財務数値はインドの子会社化予定グループ会社を含む)。

【関連記事】
マイクロファイナンスの五常・アンド・カンパニーが42億円の資金調達、アジアでの事業展開を加速
SBIホールディングス、カンボジアのマイクロファイナンス企業を買収、商業銀行化
クレディセゾン、インドでデジタルレンディング事業を展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5