MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「LINE Score」登録ユーザー300万人を突破、「はじめて利用」が89%

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/26 12:40

 「LINE Score」のスコア登録ユーザーが、サービス開始約5か月で300万人を突破した。登録した人はどんなことにメリットを感じているのだろうか。  

 LINE Creditが2019年6月27日に提供を開始したスコアリングサービス「LINE Score」は、ユーザーごとのスコアの値によって、最適なキャンペーンや特典などのベネフィットを提供する新しいサービス。同社によると、11月19日にスコア登録ユーザー数300万人を突破した。

 LINE Creditはユーザーを対象としたアンケートを実施し、約9万人から回答を得た。その結果、スコアリングサービスを初めて利用するユーザーは89%となった。

 スコアリングサービスという新しいサービスにユーザーはどのようなメリットを感じているのだろうか。「LINE Score」を利用した理由で最も多かったのは、「キャンペーンへの参加」35%で、「様々な優遇を受けられそう」「自分のスコアに興味があった」がいずれも22%で続いた。

 「LINE Score」を利用して感じたことについては、「普段使ったことがないサービスを知るきっかけになった」が37%で最多。「今後の広がりがありそう」が29%となる一方で、「スコアの信ぴょう性を信用できない」と「スコアによって比べられるのはイヤ」が13%という結果となった。

 「LINE Score」以外の外部のサービスでもスコアを活用したいか聞いたところ、「サービス次第で活用したい」が71%となった。「ぜひ活用したい」17%と合わせると89%のユーザーがスコアの外部サービスでの活用を前向きに捉えている。

 今後、スコアを活用したい外部サービスでは、外食が30%、宿泊が27%、教育が11%となっており、レストランやホテルの優先予約、オンライン講座の受講などの特典に関心が高いくなっている。

 スコアリングサービスという新しいサービスに対して、期待する部分と不安を感じる部分の両方がある。LINEは現在、外部企業へのスコアの提供は行なっておらず、ユーザーの興味関心に応えるベネフィットを提供するとしている。

【調査概要】
実施期間:2019年11月15日 ~ 11月18日
対象:「LINE Score」を利用したことのあるユーザー、N=89547(有効回答)

【関連記事】
LINE Scoreに参加すると、家事代行サービスが割引になるキャンペーン
ドコモ、ユーザーの「信用スコア」を算出、金融機関が融資に活用
ヤフーがプライバシーポリシー改定、初期設定では「Yahoo!スコア」は作成されない仕様に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5