MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

LINE証券、投資信託の取扱スタート、購入手数料はすべて0円

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/27 13:50

 スマホ投資サービス「LINE証券」は、新たに投資信託の取扱いをスタート。投資信託の購入手数料はすべて0円。専用の投資信託も3つ設定されている。

 LINE証券は11月27日、スマホ投資サービス「LINE証券」で、投資信託の取扱いを開始したと発表した。購入できるのは、国内・海外の運用会社13社が提供する商品の中から厳選された28銘柄。すべて100円から取引することが可能で、購入手数料は0円。ただし、保有期間に応じて信託報酬などがかかる。

 取引可能な投資信託は以下のとおり。インデックス・ファンド7銘柄、独自の運用方針により高い成果を目指すアクティブ・ファンド18銘柄、ブル・ベア型ファンド3銘柄をラインナップ。また「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」「R&Iファンド大賞2019」「FUND OF THE YEAR 2018」「一億人の投信大賞2018」などの受賞歴のある投資信託も入っている。

 LINE証券だけで取引可能な専用の投資信託も3銘柄設定。「ファンドマネージャーに運用を任せて高パフォーマンスを目指す」という点に注目をしたアクティブ・ファンドで、購入手数料が0円は元より、運用手数料(信託報酬)の水準にもこだわったという。

 初心者でも使いやすい画面設計となっており、「はじめての方におすすめ」「低コスト」「リターン重視」「ブルベア型ファンド」という4つのカテゴリーに分かれ、それぞれランキングがある。また、銘柄についてわかりやすい概要説明文や紹介動画を見ながら、商品を理解をすることもできる。

 スイッチング取引が可能なブル・ベア型ファンドについては、スイッチング手数料は0円。14:50までに注文することで、売りと買いの同日取引(スイッチング取引)が可能。ブル・ベア型ファンドは100円または100口から購入でき、スイッチング注文は口数指定のみ、1口以上1口単位で注文可能となっている。

 また投資にあたっては、貯めたLINEポイントを証券口座への入金に充当し、投資信託の買付に利用することもできる。

【関連記事】
LINE証券、「LINEポイント」を使った証券口座への入金が可能に
LINE証券、スマホと身分証だけで口座開設が可能に
スマホ投資サービス「LINE証券」スタート、初心者向けに数々の工夫も

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5