MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

S&Pグローバル、RobecoSAMからESGレーティング事業を取得

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/11/28 12:00

 S&Pグローバルは、RobecoSAMからESGレーティング事業を取得。ESGに関するデータ、レーティング、ベンチマーク、リサーチ情報を包括的に提供する。

 S&Pグローバルは11月21日、RobecoSAMからESGレーティング事業を取得すると発表した。取引は2020年第1四半期中に完了する予定。

 RobecoSAMは、1995年設立のサステナビリティ投資に特化した投資専門会社で、1992年にオランダで設立された資産運用会社Robecoの関連会社。Robecoは、オリックスの子会社であるオリックス・コーポレーション・ヨーロッパ N.V.の 100%子会社。

 RobecoSAMは1999年以降、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスと提携し、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(DJSI)や、S&P ESG ファクター・ウェイト指数シリーズを公表している。

 今回、S&Pグローバルが取得する事業には、企業のサステナビリティ問題の実践に関する年間評価であるSAMコーポレート・サステナビリティ評価(CSA)が含まれる。

 S&Pグローバルは、今回のESGレーティング事業の取得によって、環境・社会・ガバナンス(ESG)に関する重要な分析や商品ソリューションを強化。透明性が高く、堅固で包括的なESGソリューションを提供することが可能になる。

【関連記事】
「ESG投資」の純資産総額は38兆1,795億円、ファンド本数は2034本
慶應SFCとシティグループがSDGs・ESG投資で連携、機関投資家とも対話
第一生命がESG投資を高度化、ESGスコアによるインハウス運用・国内上場株式のインパクト投資に着手

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5