MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

LINE Payが銀行振込サービス、口座がわからなくても電話番号・メールアドレスで送金可能に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/12/09 12:35

 LINE Payは送金機能を拡充し、「LINE Pay 残高」を法人・個人の銀行口座へ振込できるサービスを開始した。

 LINE Payは12月9日、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」で、「LINE Pay 残高」を法人・個人の銀行口座へ振込できるサービスを開始した。これまでの「LINE Pay」アカウントへの送金に加え、相手の銀行口座情報がわからなくても、相手の名前と電話番号・メールアドレスのいずれかを知っていれば、残高を銀行口座に直接振り込むことができる。

 振込手数料は176円/回(税込)。既存の機能「LINE Pay」アカウントへの送金はこれまで通り手数料無料となる。

 法人の口座への振込も可能となっているため、習い事の月謝や商品購入代金、受験料、家賃などに利用できる。また、送金・送金依頼の履歴が直近最大20件まで残るため、同じ相手に定期的に振り込む際、情報入力の手間が省略できる。

 セキュリティについては、電話番号やメールアドレスで通知の場合、「LINE Pay」からの通知であることに加え、送り手が登録した口座名義の人のみが受け取れるので、電話番号や メールアドレスを間違えた場合も悪用されることはないとしている。

 このサービスは「LINE Pay」アプリ、もしくは「LINE」アプリのAndroid対応端末から利用可能。利用の際には、送金・振込サービス共にLINE Money(本人確認済)が必要となる。

【関連記事】
ドコモ「d払い」にウォレット機能、アプリから月額20万円まで送金可能に
無料送金アプリ「pring」、相手によって複数アカウントを使い分けられる「マルチフェイス」機能
「LINE Score」登録ユーザー300万人を突破、「はじめて利用」が89%

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5