MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

伊藤忠商事が「予約の無断キャンセル」リスク保証のGardiaを連結子会社化

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/12/18 10:00

 伊藤忠商事は、飲食店や宿泊施設の「予約の無断キャンセル(No Show)」に対するリスク保証などを展開するGardiaの連結子会社化を発表し、個人向けリスク保証事業へ参入する。

 伊藤忠商事は、事業者が抱える個人向け信用リスク保証事業を展開するGardia(ガルディア)の発行済株式の90%を取得し、連結子会社化する。ガルディアの発行済み株式の90%を、フリークアウト・ホールディングスが伊藤忠商事に譲渡することで合意した。

 ガルディアは2017年に創業し、主に飲食店や宿泊施設における「予約の無断キャンセル(No Show)」に対するリスク保証や、サブスクリプション型サービス提供事業者へのリスク保証サービス、プリペイドカード事業者などに対して保証付き後払い決済を行うサービスなどを提供。設立2期目で売上高10億円超を達成している。

 フリークアウトが2018年12月に伊藤忠商事と資本業務提携を実現したことをきっかけに、ガルディアは伊藤忠商事とマーケットイン型ビジネスで協業を進めていた。

 伊藤忠商事はガルディアの連結子会社化によって、個人向けリスク保証事業に参入。ガルディアを通じてリテール保証の品質向上と事業拡大に取り組む。

【関連記事】
伊藤忠商事、ほけんの窓口グループを連結子会社化
伊藤忠商事、給与前払いサービス事業へ参入
テクノロジー企業の成長率1位はオーストラリア「WithYouWithMe」、日本では「カンム」がトップ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5