MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

お米のかわりに食べるイオンの野菜シリーズに、カラフルな「6種の彩り野菜」が登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/12/22 12:00

 イオンは2018年11月、カリフラワーとブロッコリーをお米サイズに細かく刻んで冷凍した「お米のかわりに食べるカリフラワー/ブロッコリー」を発売したところ、半年の想定販売数量を約1か月で達成。「クセがないのでいろいろなごはん料理に代用できる」と、大変好評となった。

 イオンは12月11日、新たに「トップバリュ お米のかわりに食べる6種の彩り野菜」を発売した。

 カリフラワー、ズッキーニ、にんじん、黄色にんじん、ブロッコリー、ほうれん草といった色鮮やかな6種の野菜を、お米サイズに小さくカット。内容量は300グラム。そのままごはんのかわりとして食べると、シャキシャキとした歯ごたえで、食べる量を減らさずに満足感を得ることができる。

一般的なごはんと、「お米のかわりに食べるシリーズ 」の栄養成分比較(150グラムあたり)
一般的なごはんと、「お米のかわりに食べるシリーズ 」の栄養成分比較(150グラムあたり)

 この商品150グラム(1/2袋)には3.9グラムの食物繊維が含まれ、1膳分のごはん150グラムと比較すると糖質量は1/20に抑えられる。

 さまざまな野菜を使用することで、栄養素をバランスよく摂取できるほか、彩り鮮やかなクリスマスメニューのアレンジにも活用できる。トップバリュ公式ホームページでは、ごはんと混ぜておにぎりにしたり、スープに混ぜて雑炊風に仕上げたりなど、食べ方のご提案を行っている。

 「トップバリュ お米のかわりに食べる6種の彩り野菜」は、全国のイオングループ、「イオン」「イオンスタイル」「まいばすけっと」などで販売。本体価格は248円+税。

【関連記事】
意外な「ソーセージ」たち、ゼロミート・中身がギョーザ・見た目が手羽先
世界のおいしい「炊き込みご飯」を制覇! ホタテや鶏ご飯、ビリヤニ・海南鶏飯も
非常食は消費しながら備蓄、「カップヌードルローリングストックセット」など3つの新商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5