MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

インボイス制度導入に向けて、JCBが米スタートアップと中小企業向けB2B決済ソリューション構築

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/12/24 09:00

 2019年10月の消費増税に伴い軽減税率制度が導入され、税率ごとに区分した経理処理・申告が必要となったほか、2023年10月からはインボイス制度(適格請求書等保存方式)が導入される。

 インボイス制度(適格請求書等保存方式)は、仕入税額控除の方式のひとつで、課税事業者が発行するインボイスに記載された税額のみを控除することができる方式入を指します。税額控除の適用を受けるためには、請求書発行事業者の登録番号や取引年月日、適用税率ごとの消費税額等を記載したインボイスの保存が必要となる。

 こうした業務処理の複雑化に伴い、B2B決済市場においても今後デジタル化およびキャッシュレス化に対するニーズがさらに高まっていくことが見込まれる。

 今回、JCBが協業を発表したカルフォルニアのスタートアップ企業Paystandは、ブロックチェーンを活用し低コストかつシンプルなBtoB決済プラットフォームを提供している。こうした業務処理の複雑化に対応した便利かつ低コストなB2B決済プラットフォームの提供を行うことで、サプライヤーおよびバイヤー双方にとってメリットのある決済サービスの実現を目指す。

企業間決済における請求書発行・支払などの一連のプロセスのデジタル化・自動化のイメージ

企業間決済における請求書発行・支払などの一連のプロセスのデジタル化・自動化のイメージ

 2013年設立のPaystandは、ブロックチェーンを活用し、企業間の決済を低コストかつシンプルな形で提供するオンラインプラットフォームをアメリカ、カナダ、メキシコで展開。これまで15万以上の企業が同社のプラットフォームを利用しており、今後欧州や日本を含むアジアに事業を拡大する予定。クレジット、デビットカード、電子マネーのほか銀行間送金や小切手など様々な決済手段に対応しており、Oracle Netsuiteをはじめとした主要な財務会計ERPシステムにも統合されている。

【関連記事】
JCBのコード決済スキーム「Smart Code」の採用進む
マネーフォワード、「10億円軍資金キャンペーン」でクラウド化を推進
クラウド会計のfreeeが上場、海外投資家が7割の「グローバルIPO」に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5