MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

楽天、モバイルオーダーを可能にする「Rakuten Ready」提供、位置情報から来店時刻の予測も

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/12/26 09:00

  「Rakuten Ready」は、楽天グループのRakuten Ready, Inc.が、米国で2013年から提供しているサービス。事業者は「Rakuten Ready」を導入することで、顧客が事前にサイトやスマートフォンアプリで注文・決済し、実店舗で商品を待ち時間なくスムーズに受け取ることができる事前注文・決済サービスを構築することが可能となる。

 米国ではKroger、CVS、Nordstromといった小売店や、Pizza Hut、Chick-Fil-A、Chipotleといったレストランチェーンなど4,000店舗以上の大手小売・飲食事業者が導入しているこのサービス、12月20日から日本でも提供がスタートした。

 このサービスを導入することで、顧客は事前注文・決済時に楽天IDを使ったキャッシュレス決済が利用可能になり、「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることもできる(事前注文・決済を完了すると、100円(税込)につき1ポイント付与)。また、楽天会員に対して、ポイントを活用したキャンペーンなど、新たなマーケティング施策を柔軟に実施できるようになる。

  さらに「Rakuten Ready」のオプションとして、スマートフォンアプリへの導入の場合には、あらかじめ同意を得たうえで顧客の位置情報から到着時刻を予測して店舗に通知する機能も提供。すでに事前注文・決済サービスを提供している事業者は、本機能のみ導入することも可能だ。

   このソリューションは、カフェ「上島珈琲店」、とんかつ専門店「とんかつおりべ浅草店」のスマートフォン用サイトで導入済みとなっており、「上島珈琲店」の4店舗(御茶ノ水ワテラス店、三軒茶屋店、赤坂一ツ木通り店、青山店)、「とんかつおりべ浅草店」で、スマートフォンでの事前注文・決済サービスを利用できる(ただし、到着時刻を予測して店舗に通知する機能は、「上島珈琲店」と「とんかつおりべ浅草店」には未導入)。

【関連記事】
マクドナルドが店舗で新機軸、セルフではなくクルーが配膳、モバイルオーダーも可能に
すかいらーく、卓上端末の決済に「楽天ペイ」導入へ
スターバックスが怒涛のデジタル施策、待たずに買える「モバイル・オーダー・アンド・ペイ」も

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5