MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

楽天、ポイントと「ビットコイン」など暗号資産の交換サービスを開始

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/12/25 09:00

 「楽天ウォレット」アプリで「楽天スーパーポイント」を暗号資産(仮想通貨)へ交換できるサービスを開始した。

 楽天ウォレットは12月24日から、暗号資産の現物取引サービス「楽天ウォレット」のアプリを通じて、「楽天スーパーポイント」を暗号資産へ交換できるサービスを開始した。

 これによって「楽天ウォレット」の口座を保有し、「楽天ポイント」を貯めている人は、「楽天ポイント」を「楽天ウォレット」で取り扱う暗号資産のビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)へ交換ができるようになった。

 「楽天ポイント」は100ポイント以上1ポイント単位で交換可能。対象となるのは、通常ポイントのみ。提携サービス会社から交換された通常ポイントは対象外となる。

 交換の際には「楽天ウォレット」のアプリにログインした後、「ポイント交換」を選び、交換対象通貨を選択し、交換数量を入力する。1ポイント1円相当として暗号資産への交換が完了すると、利用者のスマートフォンアプリ上に取引履歴が反映される。交換の際に手数料はかからない。また、暗号資産から「楽天ポイント」への交換はできない。

 「楽天ポイント」の交換には、以下のように、1回あたりと1か月あたりの交換上限がある。

・1回あたりの交換上限:
ダイヤモンド会員 50,000ポイント、ダイヤモンド会員以外 30,000ポイント

・1カ月あたりの交換上限:
ダイヤモンド会員:500,000ポイント、ダイヤモンド会員以外 100,000ポイント

【関連記事】
仮想通貨へ投資している個人投資家は過去最高の13.1%
家計簿のZaim、仮想通貨のコインチェックとAPIを正式連携
LINEの仮想通貨取引サービス「BITMAX」、1000円以上の購入でリップルがもらえるキャンペーン

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5