MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

オリックス、100%再生エネルギー由来の電力供給を開始

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/12/26 10:00

 オリックスは、100%再生可能エネルギー由来の電力メニューの提供を開始した。

 オリックスは、小売電気事業者(新電力)として、2009年に電力小売事業を開始し、現在では東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、九州電力の供給エリアで、主に店舗やオフィスビルなどの特別高圧および高圧電力施設を対象に電力を供給している。

 同社は12月23日、100%再生可能エネルギー由来の電力メニューの提供を開始したと発表した。これまでの5段階の低CO2排出係数メニューに加えて、非化石証書付き再生可能エネルギー由来の電力メニューを提供。非化石証書にはRE100イニシアチブが求める電源のトラッキング証明を付加することも可能となっている。

 供給対象施設は以下の通り。

・東北・東京・中部・関西・北陸・中国・九州電力管内の施設
・高圧以上で受電されている施設(低圧は対象外)
・法人顧客が契約している施設

【編集部より、記事タイトルの修正について】
本記事のタイトルは公開当時「オリックス、100%エネルギー由来の電力供給を開始」となっていましたが、正しくは「オリックス、100%再生エネルギー由来の電力供給を開始」です。(2019.12.16)

【関連記事】
再生可能エネルギー、「太陽光発電」は縮小予測、今後は「風力」が拡大へ
丸紅、再生可能エネルギーを売買するオークションプラットフォーム開発事業へ参入
「再エネ賦課金」で5月から電気代がアップ、でも「値上げを知っている」人は12%

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5