MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

家計簿アプリユーザーの半数が約30万円の収支改善を実感、改善した人が意識している5つのこと

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/07 08:00

 家計簿サービスを提供するマネーフォワードは、ユーザーを対象にお金に関する意識調査を実施した。

 マネーフォワードは2019年10月25日から10月31日に、家計簿アプリ「マネーフォワード ME」のユーザーを対象に、利用状況とお金についての意識調査を実施。4,112名から回答を得た。

 調査の結果、「マネーフォワード ME」を利用して家計改善を実感した人の半数以上が、「無駄遣いが減った」と回答。収支改善を実感した金額は平均で月24,450円。プレミアム会員は月29,059円で、無料会員の1.4倍となっている。

 収支改善を実感した人が意識したことの1位は「日頃の支出を意識」、2位「予算の設定や管理」。3位と4位は固定費の見直しがランクインしている。

 「マネーフォワード ME」を利用してからキャッシュレス決済を利用するようになった人は全回答者の62%。最も利用しているキャッシュレス決済は「クレジットカード」で、「電子マネー」「QRコード決済・バーコード決済」「デビットカード」が続いた。

 また、よく利用している電子マネーの1位は「交通系電子マネー」、2位「PayPay」、3位「iD」となっている。

 消費税の増税後(2019年10月)の変化については、消費税増税を機に心がけていることとして、「キャッシュレス決済で支払う」と回答した人が全体の6割、「ポイントを貯める」と回答した人が全体の3割(複数回答)となっている。

【関連記事】
マネーフォワード、家計簿サービス利用者数が900万人突破
マネーフォワード、1月1日に山本美月出演のテレビCMを展開
消費税増税の最大の不安は「日々の支出がどれくらい増えるのかわからないこと」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5