MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ソニー銀行、AWSの利用可能範囲を全業務に拡大

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/21 09:00

 ソニー銀行は、AWSの利用可能範囲を、勘定系だけでなく、すべての業務システムに拡大する方針を決定した。

 ソニー銀行では、2013年末からアマゾン ウェブ サービス ジャパンが提供するAWSの利用を開始し、通常業務を行う社内システムではすでにAWSへの移行が完了している。銀行システムについても融資審査システム、市場系システム、管理会計システムなどがAWS上で稼働しており、2019年時点で約50のサービスがAWS上で稼働。これによって、新たなITインフラのセットアップとデプロイに要する時間が、オンプレミスに比べて約50%削減されたほか、運用コストにおいても、40~60%程度の削減効果が得られたという。

 Amazon Web Servicesは、2018年2月に開設したAWSの大阪ローカルリージョンを、3つのアベイラビリティゾーンを有する完全なリージョンとして、2021年初頭に「大阪リージョン」を開設する予定。このリージョンはアジアパシフィック地域において、北京、香港、ムンバイ、寧夏、ソウル、シンガポール、シドニー、東京に加えて、9番目のリージョンとなる。

 勘定系システムにおいてAWSを採用するには、自然災害や停電などのリスクを最小限に抑えるために、日本国内の複数のリージョンが必要となる。ソニー銀行は、2018年の大阪ローカルリージョン開設をふまえ、銀行システムにおいて最重要システムのひとつである財務会計システム(総勘定元帳)のAWS移行を決定。

 さらに今回、大阪リージョンが2021年初頭に新たに開設されることを受け、AWSを最大限活用するため、同社の勘定系システムを含む全システムでAWSを利用可能とする方針を決定した。

【関連記事】
みずほ銀行、「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」を導入
カブドットコム証券、API基盤にAWSを採用、クラウドファーストでコスト削減
アマゾン、法人向け取引管理台帳データベースとマネージド・ブロックチェーンを発表

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5