MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

電気を使わない「エコな加湿器」、陶器や紙製、りんごや動物型がかわいいアイテムも

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/26 11:00

 手軽な冬の乾燥対策にベンリな電気を使わない「エコな加湿器」が登場。機能だけでなく、見た目もすぐれているアイテムを紹介しよう。

 冬場の乾燥対策に必需品ともいえる加湿器だが、電気を使わない、見た目もキュートな商品が増えている。加湿する仕組みもバラエティがあって面白いのが特徴だ。

 まずは、陶器の加湿器から。形はリンゴで水を加えればしだいに赤く色づくのが「素焼きリンゴ加湿器(1,650円・税込)」だ。本体はリンゴ、受け皿はリンゴを被せる網状のネットを模している。素焼きのポットの中に水を注ぐとじわじわと水が染み込み、自然気化式の優しい加湿力で部屋をほどよく加湿してくれる。色の乏しい冬場のインテリアとして、乾いた空気だけでなく、心にも潤いをもたらしてくれそうだ。販売するのは、パイン・クリエイト(本社:大阪府大阪市)。

 植物をモチーフにした「URUU(ウルウ)ペーパー加湿器」は、ビオラやクローバー、アップルなどの花がカラフルに印刷された紙製の加湿器。本体と専用の樹脂カップのセットになっており、カップに水を入れ、本体を組み立ててセットすると、紙が水を吸い上げ、それが蒸発して部屋を潤してくれる。グラスに花を挿して飾っているような雰囲気を楽しめるのがうれしい。価格は1,760円(税込)。考案したのは丸榮日産(兵庫県明石市)。

「ミスティデュオ アニマルズ」は、クジラ、ハリネズミ、トリの3種類
「ミスティデュオ アニマルズ」は、クジラ、ハリネズミ、トリの3種類

 最後は陶器と紙の両方で加湿する商品を紹介しよう。ミクニライフ&オート(本社:埼玉県加須市)の新商品として登場した「ミスティデュオ アニマルズ」は、水を入れるベースの陶器はクジラ(ウミ)、ハリネズミ(リク)、トリ(ソラ)の3種類あり、それだけでも置物としてかわいらしい。そこに挿して水を吸い上げてくれる紙の部分は、クジラが潮を吹いているシーンを再現するなど、動物をさらに生き生きと見せてくれるデザインとなっている。希望価格は2,280円(税抜)。動物たちのかわいさで、きっと心も和むに違いない。

【関連記事】
パンダがモチーフの便利グッズ かわいすぎるペンケースや収納袋、室内カメラも
玄関に置きたい「猫グッズ」、ちょっと足を置ける猫足型クッション、盛り塩の招き猫など
個性派ティッシュケース、伝統の組子細工や鬼瓦、小型バスを再現したものも

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5