MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

SBIホールディングス、福島銀行の銀行主要株主の認可取得

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/27 09:00

 SBIホールディングスは、福島銀行の銀行主要株主となることについて、金融庁から認可を受けたと発表した。

 SBIホールディングスは、福島銀行と資本業務提携契約を締結し、同行が第三者割当の方法によって発行を予定している普通株式を引き受ける予定。それに先立ち、1月23日に、SBIホールディングスは福島銀行の銀行主要株主となることについて、銀行法第52条の9第1項に基づく認可を金融庁より受けたと発表した。

 SBIホールディングスが引き受けるのは福島銀行の普通株式500万株。出資総額は11億円。出資後の議決権比率17.91%。ただし、SBIアセットマネジメントを委託会社とするSBI地域銀行価値創造ファンドは、福島銀行の普通株式373,200株(議決権比率1.63%:2019年3月31日時点)を保有。引受後の同社グループの議決権比率は合計19.25%となる予定。

 また、第三者割当増資の実施後、福島銀行は2020年6月に開催される定時株主総会で、SBIホールディングスが指名する1名の社外取締役候補者の選任議案を上程する予定。また、資本業務提携契約の締結日以降、SBIホールディングスの出資割合に応じてオブザーバーを派遣することができる旨についても合意している。

【関連記事】
SBIホールディングス、筑邦銀行と資本業務提携
SBIと中国平安が合弁会社、中国フィンテックで地域金融機関を活性化
国内110行の預金は17.8兆円増加、利ざやは70行で減少

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5