MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「au PAYアプリ」は金融に強い「スーパーアプリ」を目指す

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/29 09:00

 KDDIは、2020年2月以降、決済・コマースサービスを「au PAY」ブランドを冠したサービス名称へ順次変更を行う。

 名称変更に伴い、「au PAY プリペイドカード」「au PAY カード」「au PAY ゴールドカード」の券面も変更。カード券面は2020年5月以降、以下の新デザインへ順次変更される。

 また、KDDIは2月4日に「au WALLET アプリ」を「au PAY アプリ」へと名称変更する。KDDIは、2014年から「au WALLET アプリ」を提供開始し、2019年4月にはスマホ決済サービス「au PAY」の提供開始に合わせてアプリのリニューアルを実施。これによって、ひとつのアプリで決済・金融・コマース・でんき・エンタメなど、さまざまなサービスを管理、確認できるように進化した。

 「au PAY」の会員数は2,200万超を突破。2020年5月以降、KDDIから付与するポイントはPontaポイントとなり、国内最大級の1億超の会員基盤が生まれる。その中で「au PAY アプリ」は、ひとつのアプリでユーザーの家計や日常生活に関わるすべての入り口となる、金融に強い「スーパーアプリ」を目指している。

 現在、KDDIグループのauフィナンシャルホールディングスは、銀行・決済・証券・アセットマネジメント・損害保険・生命保険・フィナンシャルプランナーによる対面相談などを営む各社を傘下に置き、「au PAY アプリ」を中心に、金融サービスをフルラインアップで取りそろえている。

 今後は「おつり投資」などの金融サービスを拡充していくほか、「au PAYアプリ」上に公共料金の請求書払いの機能などを追加する予定だ。

【関連記事】
電気を使うと住宅ローン金利が0.03%下がる、KDDIの「じぶんでんき」スタート
KDDIがローソン・Pontaと連携して会員1億超の経済圏を構築、5Gと「au PAY」を活用
KDDIが金融組織を再編、auショップでファイナンシャルプランナーの無料相談受付も

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5