MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

医療保険への加入「全部ネットでやりたい」は25%、アクサや楽天の加入者では倍増

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/01/29 10:00

 マイボイスコムは、「医療保険の加入」に関するインターネット調査を2019年12月1日~5日に実施し、10,112件の回答を集めた。その結果、医療保険の加入者は7割となっており、「医療保険として単独で加入している」36.7%、「生命保険の特約としての医療保障に加入している」21.7%となった。

 主に加入している医療保険会社は、「アフラック」「県民共済」が医療保険加入者の各1割強、「日本生命」「かんぽ生命」が6~7%。

 主に加入している医療保険会社の満足度を聞いたところ、「満足」と回答した人は「県民共済」「CO・OP共済(コープ共済)」「その他共済」主加入者で3割前後。「満足」「やや満足」の合計値は、これらの3社主加入者で各7割弱となっている。「三井住友海上あいおい生命」「こくみん共済coop(全労災)」主加入者でも各6割強となっている。

 医療保険の加入経路を複数回答でたずねると、「知り合いや紹介を受けた営業職員、販売員を通じて」が医療保険加入者の25.7%、「自宅や勤務先に訪問してくる営業職員、販売員を通じて」が18.4%となった。

 以下の保険の主加入者における加入経路の1位を見ると、各社で特徴が分かれている。

・「オリックス生命」:ファイナンシャルプランナーなどの専門家を通じて
・「アクサダイレクト生命」「楽天生命」:インターネットで申込み手続き
・「メディケア生命」:保険ショップ

 医療保険加入時の商品選定ポイントを複数回答でたずねたところ、「月々の保険料が安い」58.5%、「病気での入院給付金日額が十分である」「日帰り入院も保障してくれる」「十分な額の手術給付金がある」が各2割強で続いている。また「日帰り入院も保障してくれる」「商品内容がわかりやすい」は、女性で比率が高くなっている。

 医療保険加入時にインターネットをどのように利用したいかについては、「情報収集から相談、商品決定、申込みまで、すべてインターネットを利用したい」は25.8%。「アクサダイレクト生命」「楽天生命」「県民共済」主加入者では4割強~5割強となっている。「情報はネットで集めたいが、最終的には販売員などに相談して決めたい」は28.9%、「インターネットは利用せず、最初から販売員などに相談して決めたい」は11.5%となっている。

【関連記事】
20代の保険加入の情報源は「家族・知人」が圧倒的、でも満足度が低いのはなぜ?
第一生命が少額保険に本格参入、若者向けに新たなデジタル完結型保険を提供
LINE、企業から1日分の保険がもらえる「REWARDほけん」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5