MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

SBI、銀行システムへのAPI接続を容易にするイスラエルのテックカンパニーへ2000万ドル出資

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/04 09:00

 SBIホールディングスは、銀行のコアバンキングシステムへのAPI接続を容易にするソフトウェアを開発するイスラエルのOpenlegacy Technologiesへの出資を発表した。

 OpenLegacy社は、マイクロサービス基盤APIを構築し、ウェブ、モバイル、クラウドなどに銀行のコアバンキングシステムを拡張させるAPI統合ソフトウェアを開発・販売している。

 同社ソフトウェアの主な機能は、複雑なミドルウェアを迂回し、コアバンキングシステムに直接接続した上でAPIを自動的に生成し、自社運用システムとクラウドの両方で様々な構築オプションを提供すること。

 OpenLegacy社のプラットフォームは、Citi、Liberty Mutual、FIS、BNP Paribas- Cardifなどの企業が採用している。

 このプラットフォームを活用することで、SBIグループが次世代金融インフラを提供するマネータップのスマートフォン向け送金アプリ「Money Tap」へのAPI接続も容易になる。SBIホールディングスは、グループで取り組む地方銀行の活性化にもつなげたい考えだ。

【関連記事】
SBIホールディングス、筑邦銀行と資本業務提携
SBIホールディングス、福島銀行の銀行主要株主の認可取得
三井住友FG、SBI子会社とブロックチェーンを活用したプラットフォームで協業

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5