MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

メルカリとドコモが業務提携、大勢が決まりつつある決済領域で国内最大規模の勢力に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/04 16:00

 メルカリとメルペイ、ドコモの3社は業務提携に合意。会員基盤、加盟店、ポイント、決裁サービスなどの事業で連携し、サービス向上を目指す。

 2月4日、メルカリとドコモは東京・飯田橋で両社の戦略的提携について発表を行った。登壇したのは、メルカリ代表取締役CEOの山田進太郎氏、ドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏。今回の提携によって、両社は5月から「メルカリID」と「dアカウント」を連携させ、国内最大級の顧客基盤を実現する。

(左から)メルカリ代表取締役CEO 山田進太郎氏、ドコモ代表取締役社長 吉澤和弘氏
(左から)メルカリ代表取締役CEO 山田進太郎氏、ドコモ代表取締役社長 吉澤和弘氏

 「dアカウント」と「メルカリID」が連携することによって、「メルカリ」での取引1回につき、取引額100円(税込)ごとに1ポイントのdポイントを還元する。貯まったdポイントは、1ポイントあたり1円(税込)として、「メルカリ」での取引に利用可能となる。

 スマホ決済事業の連携では、「メルペイ」ウォレットと「d払い」のウォレットの電子マネー残高、ポイント残高の連携、各社のサービスにおけるポイントのシームレスな利用の実現する。ただし、現時点ではサービス統合は考えていないとしている。今年の初夏には、両社の決済サービス加盟店の共通化および、共同での営業推進も行う。

 リアルな接点においては、現在一部のドコモショップで実施している「メルカリ教室」や「メルカリ」の梱包・配送サポートの全国展開の推進を検討している。

 そのほか、各社が保有する各種データを連携させたfintechサービスの開発検討、新たなマーケティングや販促ソリューションの開発も検討している。新規サービスの内容はまだ明らかにされていないが、メルカリ山田氏は5Gも見据えたものになるのではとコメントしている。

 2013年7月に、フリマアプリの提供を開始したメルカリは、約6年で月間利用者数は約1,450万人、年間流通総額5,000億円超に成長。2019年2月には「メルカリ」アプリで利用できるスマホ決済サービス「メルペイ」を展開。全国170万か所の店舗、ECサイトで導入され、利用者数は600万人を突破している。

 一方、ドコモは7,345万を超える会員基盤を持ち、d払い、dポイント加盟店は136万か所まで拡大。2018年4月から「d払い」アプリの提供を開始し、ウォレット機能やミニアプリ、コード決済、「iD」決済などを提供している。

 両社は2015年4月のキャリア決済でパートナーとなって以降、「メルカリ」で売れたモノが梱包・発送できる「つつメルすぽっと」のドコモショップ内への設置や、「メルカリ教室」の共同開催などを行なってきた。

 今回の業務提携により、これらの取り組みを拡大するとともに、両社IDの連携によりメルカリ、メルペイ、ドコモの3社で国内最大規模の顧客基盤を保有するアライアンスを構築。スマホ決済領域での加盟店共通化など、3社が持つアセットを相互に活用し、ポイントをシームレスに利用できる決済サービスを実現する。

 複数サービスが競争を激化させてきた決済領域では、いかに大きな面を取るかで各社が戦略を転換しつつある。大勢が決まりつつある中で、早期に良いパートナーと組むことは、これからますます進んでいくことになりそうだ。

 両社は今回の提携を記念して、2020年2月4日から2月24日まで、「メルカリでd払いを使うと+10%還元キャンペーン」を実施する。

【関連記事】
メルペイ、Origamiの全株式を取得、地域の中小事業者へ「メルペイ」導入を推進
ドコモ「d払い」にウォレット機能、アプリから月額20万円まで送金可能に
メルペイ・LINE Pay・ドコモの加盟店アライアンスにKDDIが参画

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5