MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「新幹線eチケットサービス」3月14日から、スマホ予約後ICカードでタッチするだけ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/05 09:00

 JR東日本、JR北海道、JR西日本は2月4日、「新幹線eチケットサービス」を3月14日から開始すると発表した。便利なだけでなく、料金もちょっと割安になる。

 「新幹線eチケットサービス」は、JR東日本・JR北海道・JR西日本の3社が、予約情報の管理から認証処理まで、センターサーバーで行なう新幹線IC乗車サービス「新幹線eチケットサービス」を3月14日から開始する。

 えきねっと、またはe5489でのみ購入できる、運賃と料金が一体となった新幹線専用商品として提供され、同一列車・同一行程なら、1回の予約で6名まで交通系ICカードで乗車可能。小児の場合も、こども用の交通系ICカードで乗車することができる。

 これによって、スマートフォンなどで予約した後、Suicaなどの交通系ICカードを新幹線自動改札機にタッチするだけで、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線をスムーズに利用できるようになる。

 サービスの開始は2020年3月14日から。えきねっと、またはe5489での予約は、2月14日午前10時に開始する。また、2月7日午前5時30分から事前申し込み、および会員情報への交通系ICカードの登録が可能となる。

 サービス提供区間は、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線全区間の停車駅相互間。e5489でのサービス提供区間は、北陸新幹線全区間。

 利用可能な交通系ICカードは以下の10種類。予約完了時に配信されるメールや予約サイトへのログインにより、列車や座席等の予約情報を確認できる。

 えきねっと、e5489ともに、乗車前に列車や座席等の予約情報を記載したメールを配信する。また、きねっとでは、予約時に希望した人に、新幹線自動改札機通過後に列車や座席等の予約情報を記載したメール「改札通過メール」を配信するサービスも行う。

 主な区間の価格(普通車指定席・おとな1名 片道・通常期)は以下のとおり。「新幹線eチケット」のほうが割安になっている。

 このサービスの前後でICカードエリア内の在来線を利用する場合は、入金(チャージ)残額でシームレスに利用することができる。ICカードエリア外の在来線を利用する場合は、別途、利用区間のきっぷを購入する必要がある。

 今回のサービス開始にともない、JR東日本の「モバイルSuica特急券」は、3月13日をもってサービスを終了する。また今後は、新幹線eチケットサービスの導入を記念し、えきねっととe5489において、新幹線eチケットサービスのおトクな商品を設定するとしている。

【関連記事】
JR東日本、「えきねっと」「モバイルSuica」会員に「こまち・やまびこ」の50%割引きっぷを発売
JR東日本、10月からSuicaで乗車するたびに「JRE POINT」付与
JR東日本、駅構内にシェアオフィス

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5