MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

楽天証券、2019年の新規口座数は75万に、その6割が30代以下

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/07 12:50

 楽天証券は、2019年に獲得した新規口座数が約75万口座に達したと発表。その6割が30代以下となっている。

 楽天証券は1999年にサービスを開始して以来、楽天グループの一員として「楽天エコシステム(経済圏)」の強みを活かしたサービスの拡充を行ってきた。同社は、2019年12月末時点の口座数が約376万口座、2019年の年間の新規口座獲得数が約75万口座に達したと発表した。

 この年間新規口座獲得数は、主要ネット証券(口座数上位5社:auカブコム証券、SBI証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券)の2020年2月6日時点のデータを比較すると業界最多となる(楽天証券調べ)。

 同社のまとめによると、2019年に口座をした人の約7割が投資初心者。また、約4割が女性、30代以下の若年層が約6割を占めるなど、個人投資家の裾野が広がっている。

【編集部より、記事の修正について】
本記事の公開後、2020年2月7日に、「これは、主要ネット証券(略)の2020年2月6日時点のデータを比較すると業界最多となる」を「この年間新規口座獲得数は、主要ネット証券(略)の2020年2月6日時点のデータを比較すると業界最多となる」に修正しました。

【関連記事】
楽天のポイント運用サービス、ユーザー数が100万人を突破
楽天証券、米国株取引の注文受付時間を拡大、朝8時から翌朝6時まで、休日も注文可能に
楽天カード、12月のカードショッピング取扱高がはじめて1兆円に到達

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5