MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

変革期の自動車業界、ケイレツから独立系、タイヤ・石油まで従業員給与を調べてみた!

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 100年に一度の変革期を迎えている自動車業界。世界市場でのプレイヤーが多い自動車関連企業の従業員給与を調べてみた。

変化の時代をサバイブする自動車メーカーの対応

 電機や造船、半導体など世界的なポジションを失ってきた産業が多いなかで、自動車産業は日本の最後の砦ともいえる存在だ。従業員年収を見る前に、主要各社の主な動きについて簡単に触れておこう。

 19年におけるトヨタ自動車(7203)の世界販売台数は1074万2122台。独VWの1097万4600台には約23万台及ばなかったが、事実上は世界トップといっていい。提携関係にあるSUBARU(7270)マツダ(7261)スズキ(7269)も含めれば合計販売台数は1600万台を超す。実際、トヨタ自動車はSUBARUの株式を追加取得し、グループ化(関連会社)する動きも見せている。

 トヨタ自動車は、巨額の儲けを出し続けている世界有数の企業でもある。10%前後の売上高営業利益率を維持しており、20年3月期予想では、100万円の自動車1台を売るごとに叩き出す営業利益はおよそ8万5000円である。

 ホンダ(7267)は、航空宇宙事業も手がけるSUBARUをグループ化したトヨタ自動車とは対照的に、自前で航空事業にいち早く進出。「ホンダジェット」はいまや、小型ジェット機カテゴリーで販売台数世界トップである。

Hondaの航空機事業子会社ホンダ エアクラフト カンパニーが製造している小型ジェット機「HondaJet Elite」
Hondaの航空機事業子会社ホンダ エアクラフト カンパニーが製造している
小型ジェット機「HondaJet Elite」

 そのホンダは、自動運転技術で米GMと提携。自動車部品では、日立製作所(6501)と合弁企業をスタートさせる。関連会社のケーヒン(7251)ショーワ(7274)日信工業(7230)の3社を、日立製作所の自動車関連子会社(日立オートモーティブシステムズ)と経営統合させる予定だ。

 カルロス・ゴーン前会長とのトラブルを抱える日産自動車(7201)は業績下降が顕著だが、年度を通しては赤字転落は免れるとしている(「19年9月―12月」の3か月決算は最終赤字)。仏ルノー、三菱自動車(7211)との3社連合の行方も不透明とはいえ、合計の世界販売台数は1000万台を超す。VW、トヨタ自動車に並ぶ存在であることに変わりはない。

 「CASE」という言葉を見聞きすることが多くなった。次世代車の象徴ともいうべきものだ。「コネクテッド(つながる)・自動運転・シェアリング・電動化」からきている。このCASE領域ではグーグル(アルファベット)やアマゾン・コムといった米国のIT大手も強力なライバルになっているように、自動車業界の競合は新たなステージに突入していることは明らかだ。主要メーカーの経営陣が「100年に一度の大改革時代に直面」「生死をかけた戦い」と、危機感を募らせるのもそのためだ。

自動車関連企業の従業員の年収

 本題の自動車関連企業の従業員の年収を見ていこう。調査対象は91社。順位は19年決算期ベースである。まずは完成車メーカーだ。

 製造現場担当から管理部門まで、それも新入社員からベテランを含めた、数千数万人単位の平均給与額を開示しているメーカーの場合、大手のマスコミや金融機関、不動産各社などと比較すると低く出る傾向がある。トヨタともなれば、約7万5000人の平均額である。それでも、完成車メーカーでは、トヨタ、ホンダ、日産が800万円台だ。

 およそ20年前の2001年3月期は、トヨタが785万円、ホンダは769万円、日産は615万円だったことから、3社の従業員平均年収は上向きで推移してきたようだ。ベースアップの回数は少なかったが、業績連動の一時金などによる押上げがあったためだろう。とくに、日産のアップ幅は大きい。

 いずれにしても、3社とも出世レースで同期の先頭グループを走る社員ともなれば、40歳を前後して年収1000万円を突破していることをうかがわせる数値でもある。

 3社以外の完成車メーカーでは、トラックのいすゞ自動車(7202)、二輪車のヤマハ発動機(7272)川崎重工業(7012)、それに三菱自動車が700万円台。トヨタグループの日野自動車(7205)、マツダ、スズキ、SUBARUは600万円台での推移である。上場を廃止したトヨタグループのダイハツ工業も600万円台だった。

 スズキは男女別の平均給与をも開示しており、男性は663万円、女性は506万円(19年3月期)だった。

 新明和工業(7224)極東開発工業(7226)は、ダンプトラックやタンクローリー、散水車などの特装車を手がけている企業である。


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5