MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

セブン‐イレブン、6月から5社カードの非接触決済を導入、決済をより安全に

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/21 10:00

 セブン‐イレブンは、Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの非接触決済サービスの取り扱いを開始する。

 セブン‐イレブン・ジャパンは、ビザ・ワールドワイド・ジャパン(以下 Visa)、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル、三井住友トラストクラブ(ダイナースクラブカード発行会社)の5社と提携し、2020年6月から全国のセブン‐イレブンで、TypeA/Bによるクレジット、デビット、プリペイドの非接触決済サービスの取り扱いを開始すると発表した。

 TypeA/B(ISO14443)は、非接触ICカードインターフェースの規格としてISOで規定された国際標準の無線通信技術。これによって、店員にカードを渡すことなく、レジにあるリーダーに非接触対応のカード(クレジット・デビット・プリペイド)をかざすだけで、サインや暗証番号の入力をすることなく、支払いが完了する。ただし、一定金額を超える支払いには、カードを挿し、暗証番号の入力が必要となる場合がある。

 世界各国で、TypeA/Bによる非接触決済が一般的になっていることから、セブン‐イレブン・ジャパンは2020年夏に向けて、キャッシュレス決済を安心・安全なサービスとして提供したい考えだ。

【関連記事】
現金・クレカ・非接触型・QRコードのうち、決済がいちばん速いのは?【JCB調べ】
「QRコード決済」利用率は年初から約2倍、格安スマホで優勢に
クレディセゾン、券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードを表示しないクレジットカード発行へ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5