MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

SBI証券、ネット証券1位の証券総合口座500万を達成、野村證券に迫る勢い

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/27 08:00

 SBI証券は、ネット証券No.1となる証券総合口座500万口座を達成した。

 SBI証券は2月26日、ネット証券トップの証券総合口座500万口座を達成した。同社は1999年にインターネット取引のサービスをスタート。2001年に実施した手数料の大幅引き下げをきっかけとして個人投資家から支持を獲得。同社がまとめた以下のグラフにあるように、対面証券大手の野村證券の口座数に迫る勢いとなっている。

大手対面証券との証券総合口座数の比較
大手対面証券との証券総合口座数の比較

 同社によると、近年は若年層や投資初心者の方の口座開設数が増えており、投資経験なしの人は83.9%。

新規口座開設したの株式投資経験の有無の割合(2019年1月~12月)

新規口座開設した人の株式投資経験の有無の割合(2019年1月~12月)

 また、女性の割合は3割を超え、年代では30代未満(9.6%)と30代(21.5%)を合わせると3割超となり、若い世代の顧客も獲得している。

顧客口座属性(2019年12月末)
顧客口座属性(2019年12月末)

※比較対象範囲は、主要ネット証券5社との比較。主要ネット証券は、口座開設数上位5社:SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、auカブコム証券(2020年2月26日現在、SBI証券調べ)

【関連記事】
SBI証券、投資信託専用のスマホサイトを提供
野村證券、ネット取引での外国株の取扱いをスタート
楽天証券、2019年の新規口座数は75万に、その6割が30代以下

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5