MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

MF KESSAI、請求業務の代行を「債権譲渡の対象とならない取引」にも拡大

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/21 08:00

 MF KESSAIは、企業間の後払い決済サービスで、与信審査の結果、債権譲渡の対象とならない取引においても請求業務の代行に対応すると発表した。

 マネーフォワードのグループ会社であるMF KESSAIは、事業者の与信審査から請求書発行、代金回収までの決済業務を一括して代行する企業間後払い決済サービス「MF KESSAI」を提供している。

 同社は与信審査の結果、債権譲渡の対象とならない取引においても、請求業務の代行に対応すると発表した。

 これまで「MF KESSAI」では、与信審査の結果、審査に通過した取引のみ、債権譲渡を受け、請求業務を行ってきた。そのため、審査否決となった取引では「MF KESSAI」の利用企業(売り手)が、別途取引先(買い手)に対して請求業務を行う必要があった。

 審査否決となった取引先(買い手)への請求業務も一括してアウトソースしたいという要望に応えるため、債権譲渡を伴わない請求業務代行をスタート。対象事業者の拡大をすることを決定した。ただし、審査否決となった事業者においては、MF KESSAIによる未入金リスクの負担や、未入金時の督促は行わない。

【関連記事】
マネーフォワードグループ、売掛金の早期資金化サービスを提供
freeeが中小向け融資サービス、オファー型融資や会計ソフトに登録されている請求書をオンラインで現金化
OLTAと新生銀行が事業者向けにクラウドファクタリングを提供、「奉行クラウド」と連携開始

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5