MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

三井住友銀行、アトラエの組織改善サービス「wevox」採用、全従業員2.8万人にアンケート

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/02 10:00

 三井住友銀行は、アトラエが提供する「wevox」を全行で採用。スマホで答えられるアンケートを活用し、従業員のエンゲージメントを可視化し、組織改善に取り組む。

 アトラエが提供している「wevox」は、エンゲージメント研究の第一人者である慶應義塾大学の島津明人教授が監修。スマートフォンで3分ほどで回答できるアンケートと、蓄積されたビッグデータをあわせて解析することで組織ごとの特徴や傾向、課題の特定が可能になる。

 wevoxはビジネス領域だけでなく、スポーツや教育の領域でも導入されており、導入組織数は1,200以上、回答データは累計1,500万件超となっている。

 三井住友銀行は今回、wevoxを全行向けに採用。これは同サービスの一斉導入として過去最大規模となる。

 三井住友銀行は、「従業員エンゲージメント(組織や仕事に対して自発的な貢献意欲を持ち主体的に取り組めている状態を表した指標)」を可視化・分析し、各部署で迅速に組織課題を特定、現場主導での組織改善を図るため、wevoxによるパルスサーベイ(月1回の簡易なアンケート)を導入。対象は、国内拠点の全従業員約2.8万人。今後は、海外拠点にも段階的に展開する。

 アトラエは、組織改善へのアドバイスや管理職・従業員向け研修の支援など、同行の従業員エンゲージメント向上を推進するパートナーとして協業する。

【関連記事】
みずほFG、セールスフォースの「Financial Services Cloud」を採用
SMBCグループ、営業支援アプリケーション「Salesforce Sales Cloud」導入
テレワークしている人の4割が「リビングで仕事」、オンオフの切り替えが課題

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5