MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

LINE、米国で仮想通貨取引所の運営スタート、ドルを利用した取引も可能

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/02/28 14:25

 LINEの海外向け仮想通貨取引所「BITFRONT」が、米国での運営を開始した。銀行口座との連携を条件に、法定通貨による仮想通貨の取引にも対応している。

 LINEグループはこれまで、LINEの仮想通貨・ブロックチェーン関連事業を展開するLVC傘下のLINE TECH PLUSを通して、日米を除くグローバルな仮想通貨取引所「BITBOX」を運営し、仮想通貨どうしの取引を提供してきた。

 今回、法定通貨による仮想通貨の取引にも対応した本格的な取引所へとサービスを拡充するため、「BITBOX」を「BITFRONT」に移行。2月27日から、LINEとLVCは、LVC子会社の米国法人を通じて、日本を除くグローバル向け仮想通貨取引所「BITFRONT」の運営を開始した。

 「BITFRONT」では、他の取引所やオーダーブックと連携することで市場の深さを確保し、呼値スプレッドを縮小。そして、銀行口座の連携を条件に、米ドルを利用した仮想通貨の取引も可能となる。

 「BITFRONT」は、LVC USAが運営主体となり、仮想通貨どうしの取引および米ドルによる仮想通貨取引を提供。LINE独自の仮想通貨「LINK」、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、テザー(USDT)の5つの主要通貨の取引を、日本語を除く15の言語で行うことができる。

【関連記事】
LINEの仮想通貨取引サービス「BITMAX」、銀行口座からの入出金に対応
LINEの仮想通貨取引サービス「BITMAX」、1000円以上の購入でリップルがもらえるキャンペーン
LINE、国内向け仮想通貨サービス「BITMAX」、新たなエコシステムの実現へ

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5