MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

楽天ウォレット、暗号資産証拠金取引を今春スタート

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/03 08:00

 楽天ウォレットは今春スタートする暗号資産証拠金取引サービス(レバレッジ取引)の提供に先立って、3月2日から、暗号資産証拠金取引専用の口座開設の先行申込受付を開始した。

 暗号資産証拠金取引サービスでは、「楽天ウォレット」の現物取引サービスで提供している「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」に、新たに「ライトコイン(LTC)」「リップル(XRP)」を追加し、BTC/JPY、ETH/JPY、BCH/JPY、LTC/JPY、XRP/JPYの5種類の取扱通貨ペアで最大で、証拠金の2倍までの取引が可能となる。

 専用のスマートフォンアプリは今春提供開始予定。利用者が証拠金取引を行うためには、現物取引用のスマートフォンアプリ「楽天ウォレット」とは別に、証拠金取引専用のスマートフォンアプリのインストールが必要となる。これによって、24時間365日、取引を行うことができる。

【関連記事】
楽天、ポイントと「ビットコイン」など暗号資産の交換サービスを開始
Zコーポレーション、世界最大級の暗号資産取引所「Binance」と戦略的提携に向けて交渉
LINE、米国で仮想通貨取引所の運営スタート、ドルを利用した取引も可能

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5