MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

2月の平均時給で「イベント・キャンペーン」だけが減少、コロナの影響はアルバイトにも

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/16 12:55

 マイナビの2月の全国平均時給調査によると、アルバイトの全職種中で前年同月比で唯一「イベント・キャンペーン」の時給が減少。新型コロナウイルスの影響がうかがえる結果となった。

 マイナビは3月12日、アルバイト募集時の平均時給データ(2020年2月度)を発表した。2月の全国平均時給は1,111円(前月1,114円、前年同月1,060円)で、前月から3円減り、最低賃金が改定された2019年10月以降毎月増加し続けていたが、5か月ぶりの減少となった。

 職種別平均時給の前年同月比では16職種(大分類)中、15職種が増加。最も増加したのは「クリエイティブ・編集」で、+19.5%の1,083円(前年同月906円、+177円)。

 一方、全職種の中で唯一「イベント・キャンペーン」のみが減少。同職種は前月比でも減少率が2番目に高かった。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、イベントの中止や規模を縮小させていることから、アルバイトの求人ニーズにも影響を与えていることがうかがえる結果となった。

【調査概要】
・調査期間:2020年2月1日(土)~2020年2月29日(土)
・集計対象データ:該当月に、弊社アルバイト情報サイト「マイナビバイト」に掲載された求人情報から、下記除外対象データを除き集計。
※除外対象:給与区分が時給以外、給与金額が3,001円以上、雇用形態がアルバイト・パート以外
・集計対象エリア:全国47都道府県

【関連記事】
コロナの影響で業績予想の修正が相次ぐ、最大はHISの売上高マイナス1250億円
新型コロナウイルスの影響「すでに出ている」22.7%、「建設」など内需型は過半数が「影響なし」
企業のコロナ対策に「外資・日系」で違いはあるのか? 一方、働くママが「親子リモート」に感じる課題

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5