MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

SBIグループ、ブロックチェーンを用いた外国為替取引データのコンファメーションシステムを提供

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/04/21 09:00

ブロックチェーン/分散型台帳で手作業のリスクを低減

 SBIホールディングスと外国為替取引事業会社であるSBIリクイディティ・マーケットは4月16日、ブロックチェーン/分散型台帳技術を用いた外国為替取引データのコンファメーションシステム「BCPostTrade」を2020年4月から提供すると発表。電話やメールでの手作業で行われていたコンファメーション業務における、情報の確認もれやメール誤送信といったリスクを低減する。

 「BCPostTrade」は、ブロックチェーン/分散型台帳技術のソリューションである米R3の「Corda」を実装した外国為替取引のコンファメーションシステム。SBIリクイディティ・マーケットは、このシステムを活用し、ブロックチェーンソリューションのひとつである「Corda」を用いて、高いプライバシー保護と改竄耐性の確保を図る。

 ブロックチェーンによって当事者間での取引データの同一性が保証され、照合作業の信頼性が向上し、情報伝達のリアルタイム化によりバックオフィス作業へのシームレスなデータ連携も可能になる。

 今後は、SBIグループ内で実運用を行いながら、現行のスマートコントラクトをより拡張させたコンファメーションのマッチング自動化、資金決済を含めた一貫した契約の自動執行など、機能追加を行っていく予定。また、将来的にはグループ外からも参加企業を募り、複数企業間でのプロトコルの統一化を推進することで、バックオフィス用ソリューションの次世代スタンダードへと成長させていくことを目指す。

「Corda」を使うメリット

 「Corda」は従来のブロックチェーンプラットフォームが抱える問題点を克服し、エンタープライズでの使用を想定して開発されたプライベート/コンソーシアム型のブロックチェーンソリューション。

 企業間取引ではパブリック型ブロックチェーンのようにビジネスネットワーク内のすべての参加者へ情報を伝搬することがふさわしくないケースもあるが、Cordaを採用することで情報を共有する範囲を限定した取引が複数実現可能となり、取引範囲間における価値の移動も行うことができる。

 また、ブロックチェーン技術の特徴のひとつであるUTXO(Unspent Transaction Output)モデルを採用しながら、コンセンサスアルゴリズムを情報の共有相手とノータリーと呼ばれる二重支払防止用ノードのみでファイナリティを与える仕組みとなっているため、パフォーマンスを維持しながらの参加者の追加が容易になる。

 今回のリリースではCorda Network Foundationが提供するthe Corda Networkサービスの利用によって、既存の参加者ノードからの利用も可能。Cordaは質の高いAndroidアプリをスピーディに記述できるプログラミング言語kotlinで開発されており、アプリケーション開発もJavaまたはkotlinを使用することができる。

【関連記事】
野村総研、ブロックチェーンを活用した「デジタルアセット債」「デジタル債」発行
Ginco、DBJキャピタルから資金調達、ブロックチェーン業界への初の投資案件
三井住友FG、SBI子会社とブロックチェーンを活用したプラットフォームで協業

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5