MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

初任給は「貯蓄」、社会人1年目で「100万円以上」貯めた人は2割超

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/04/22 13:00

 ソニー生命が、社会人1年目・2年目の男女1,000名を対象に行った調査で、初任給の使いみちや社会人1年目の貯蓄額などが明らかになった。

 ソニー生命は、2020年春から働き始める社会人1年生、または、就職してから1年が経つ社会人2年生で20~29歳の男女に対して「社会人1年目と2年目の意識調査」を行なった。調査期間は3月4日~3月9日の6日間。1,000名の有効サンプルを集計・分析し、4月21日に結果を発表した。

 社会人1年生(500名)に、初任給はどのようなことに使いたいか聞いたところ、「貯蓄に回す」が58.2%が最も高く、「生活費(食費など)に充てる」40.6%、「親への贈り物を買う」34.2%が続いた。

 昨年春から働き始めた社会人2年生(500名)に、初任給をどのようなことに使ったかをたずねると、「貯蓄に回す」40.8%が最も高く、「生活費(食費など)に充てる」37.6%、「自分にちょっと良い物を買う」28.8%が続いた。

 社会人2年生に、社会人1年目の生活でかかったお金について質問すると、最も多かったのは「プライベートな付き合い・交際」で、平均額は177,130円となった。一方、最も少なかったのは「自己投資(セミナー参加、書籍購入など)」で、平均額は20,706円。

 また、社会人2年生に、社会人1年目の生活で貯蓄した金額を聞いたところ、「10万円~20万円未満」や「100万円以上」が2割超となった一方、「0円」という回答も16.6%あり、全体の平均額は45万円となった。

 社会人2年生が考える30歳時点の目標貯蓄額では、「1000万円~2000万円未満」(20.8%)や「500万円~600万円未満」(18.6%)が多く、平均額は614万円となった。

 30歳時点の目標年収については、「300万円~400万円未満」(22.2%)や「500万円~600万円未満」(21.4%)に回答が集まり、平均額は490万円だった。男女別にみると、平均額は男性535万円、女性445万円と、男性のほうが90万円高くなっている。

 また全回答者に、最初に就職する(した)会社で、どのくらいの間働いていたいか聞いたところ、社会人1年生では「定年まで働きたい」が31.6%で最も高くなった一方、社会人2年生では「すでに辞めたい」が23.4%で最も高くなっている。

 社会人2年生に、入社前のイメージと“悪い意味”でのギャップを感じたことをたずねると、「給料・ボーナス」が31.2%で最も高く、次いで「残業時間」22.8%、「先輩・上司との人間関係」19.0%、「仕事量」18.6%、「仕事のやりがい」17.4%となった。

【関連記事】
30・40代で「貯金ゼロ」の人は23.1%、貯蓄額100万円以下は6割
「貯金ゼロ」の割合が最も高いのは「40代」の23.2%、「20代」は18.6%【20~40代の金銭感覚調査】
大学生と社会人1年生が口座を持っている銀行1位は「ゆうちょ銀行」、ネット銀行は4位

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5