MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

野村総研、豪資産管理バックオフィスサービス会社を買収

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/04/29 11:00

 野村総研は、豪AUSIEXの株式を100%取得し、オーストラリアにおけるウェルスマネジメント市場のバックオフィス業務サービスへ参入する。

 野村総合研究所は4月28日、Nomura Research Institute Australiaが、オーストラリア シドニーを拠点とするAustralian Investment Exchange(以下、AUSIEX)の発行済株式をCommonwealth Bank of Australia(以下、CBA銀行)から100%取得し、子会社化するための手続きを開始すると発表した。

 CBA銀行のグループ会社であるAUSIEXは、オーストラリアの大手金融機関やIFA(独立系フィナンシャルアドバイザー)に対して、証券取引管理やポートフォリオ管理といったバックオフィス領域におけるITシステムとオペレーション・サービスを提供。大手証券会社やウェルスマネジメント会社、1万名を超えるIFAなどの顧客にサービスを提供している。

 野村総合研究所はグローバル事業の拡大に取り組んでおり、特にオーストラリアでは、2016年12月にASG Groupを子会社として、事業基盤の拡大を進めている。

 オーストラリアには私的年金制度「スーパーアニュエーション制度」があり、被用者(会社員や公務員など)は強制加入、雇用主は法定拠出率に基づき賃金の一定割合を拠出することを義務付けられている。同制度の法定拠出率上昇や人口増加を背景に長期的な成長が見込まれることから、野村総合研究所では豪ウェルスマネジメント市場の成長を取り込みながら、グローバルな金融市場での事業を加速させたい考えだ。

 1996年設立のAUSIEXの従業員数は約250名、2019年6月期連結売上高は、6,181万3,000豪ドル(40億9,200万円)。

 一方、1911年設立のCBA銀行はオーストラリアの代表的な金融機関であり、個人向けバンキング、プレミアムバンキング、ビジネスバンキング、大手法人向けバンキング、ファンド運用、退職年金、保険、投資・株式仲介等の金融サービスを提供している。2019年6月期連結売上高は243億3,700万豪ドル(1兆6,113億円)。

【関連記事】
野村総研、ブロックチェーンを活用した「デジタルアセット債」「デジタル債」発行
野村総研、仮想通貨の投資評価ベンチマーク「NRI/IU暗号資産インデックスファミリー」開発
NRIセキュア、「ダークウェブ」における脅威を検出、企業のデジタル資産保護を支援

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5