MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

コロナで「支出が増えた」37%、最近実践している節約は「ムダな買い物を減らす」

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/06 08:00

 新型コロナウイルスの影響で家計の支出状況はどう変わったのか? 「LINE家計簿」のLINE公式アカウントをフォローしているユーザー1万人を対象としたアンケートが行われた。

 LINE Payは、新型コロナウイルスの影響による家計の支出状況について「LINE家計簿」のLINE公式アカウントをフォローしているユーザーを対象としたアンケートを実施した。調査期間は2020年4月28日~29日で、回答者数は10,000人。

 新型コロナウイルスによる影響による支出の変化に関しては、「増えている」が37%、「今後増えそう」が8%、「減っている」24%、「今後減りそう」7%、「変わらない」が22%。職種別でみると、特にパート・主婦(主夫)が高く、約6割が支出増を感じている。

 どのような支出が増えたかについては、「食費」が最も多く69%、続いて「水道光熱費」50%、「日用品購入費」45%、「娯楽費」9%、「家具家電購入費」7%。自由回答では「デリバリー・テイクアウトの利用」「マスクや衛生商品の購入」などが挙がっている。

 家計管理や節約を意識するようになったかについては、「意識するようになった」53%、「変わらない」42%、「意識しなくなった」4%という結果になった。

 また、最近実践している節約方法については、「無駄な買い物を減らす」が62%が最も多く、「お金がかからない楽しみを増やす工夫」が35%、「食費や日用品の支出の見直し」が34%、「家計簿をつける」23%、「予算管理をする」12%などの節約法が挙がっている。

【関連記事】
コロナの影響1位は「家族を大切にしたい」、新たな「インドア消費」も【中国生活者の意識調査】
トイレットペーパーを次に買うのは「四人家族なら平均40日後」、家計簿サービスが消費サイクルを算出
緊急事態宣言後に利用者が増えた店・減った店、スーパー、コンビニ、ドラッグストア、ECなど6業種調査

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5