MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

決済サービス「Paidy」にAI顔認証と予算設定機能が付いた「Paidy プラス」登場

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/08 08:00

 決済サービス「Paidy」を提供するPaidyは、同サービスのアプリにおいて4月中旬から「Paidy プラス」の提供を開始した。

 Paidyで買い物をする際には、お店(オンラインショップ)の決済画面でPaidyを選択し、メールアドレスと携帯電話番号を入力。さらに、ユーザーの携帯電話(SMS)にPaidyから送信された4桁の認証コードを入力する。支払い回数(一括払いまたは分割払い)を指定すると決済手続きが完了となる。

 Paidy プラスは、本人確認と予算設定を実装したPaidyの新機能で、アプリから設定することができる。本人確認機能は、eKYCによるオンライン上で完結するAI顔認証を採用。Paidyアプリ上で運転免許証と顔写真を撮影し、本人確認手続きを行うことによってPaidy プラスへのアップグレードが完了すると、次の買い物からはメールアドレスと携帯電話番号だけで、いつも通り簡単に決済ができる。

 また、予算設定機能ではユーザー自身が、月々の予算設定を行うことが可能。支払いの管理がしやすく使い過ぎの抑制を期待できる。

【関連記事】
伊藤忠商事ら、Paidyに戦略的事業投資、早期にグループ会社化へ
Visaが「Paidy」に出資、日本人の「現金払い」体質を変えるデジタル決済手段を提供
Uber Eatsで「PayPay」が利用可能に、5月4日に大阪・京都から

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5