MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

三井住友・みずほ・三菱UFJら「マルチバンク本人確認プラットフォーム」、本人確認情報を集約し事業者へ提供

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/08 11:30

 三井住友銀行、ポラリファイ、NEC、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、横浜銀行、ふくおかフィナンシャルグループは、金融機関での本人確認済情報を、証券会社など厳格な本人確認が求められる事業者が活用できるプラットフォームの構築を目指す。

 三井住友銀行、ポラリファイ、日本電気、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、横浜銀行、ふくおかフィナンシャルグループは、デジタル時代に対応した効率的で高い信頼性を持つ本人確認方法の利活用を推進するため、オンライン上で本人確認が完結するプラットフォームを提供していくことで合意した。

 金融機関での本人確認済情報をより幅広い業種で安全に利活用できるよう、NECがオープンでセキュアなプラットフォームを開発し、参加する金融機関5社はこのプラットフォームを介して各社が有する本人確認済情報を提供する。金融機関が保有する本人確認済情報(氏名、住所、生年月日等)は、本人の同意をそのつど得たうえで事業者と連携し、信頼性の高い本人確認に基づいたサービス提供へとつなげていく。

 参加企業間でプラットフォームの開発・接続に関する検討を進め、6月から順次稼働を開始する予定だ。まずは、証券会社など厳格な本人確認が求められる事業者へのサービス提供を目指す。

 今後はプラットフォームの開発を進めるとともに、幅広い金融機関へ参加を呼びかけ、順次、接続する銀行を拡充する。すでに北海道銀行、七十七銀行、北陸銀行、西日本フィナンシャルホールディングス、東日本銀行など十数行にて参加を検討している。

 また、ポラリファイはじめ多様なeKYC事業者との連携を拡大し、プラットフォームへのアクセス性・利便性の向上を図り、幅広い事業者が利用可能なプラットフォームを構築する。

【関連記事】
三井住友FG子会社、生体認証アプリでセールスフォースとパートナーに
SBI証券、オンラインで本人確認を完結、最短で翌日の口座開設が可能に
決済サービス「Paidy」にAI顔認証と予算設定機能が付いた「Paidy プラス」登場

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5